岡ちゃん 挑む! 気になるコト・モノ体験記②

岡ちゃん 挑む! 気になるコト・モノ体験記②


手書き年賀状を作ってみた

 人は思いを残すことなく死にたいと願っているはずだ。年を重ねるごとに、そう思うようになった。ちょっぴり重たい話から始めてしまったが私が手書き年賀状に取り組むようになったのは以下のような理由からだ。

 五十代前半で脳梗塞になった。担当医からは「薬が効けば後遺症は残らない」と言われたが発症後に入院してから右腕から右半身全体にしびれが始まった。しびれが徐々に進行し、右半身に麻痺が残るかもしれないと一時は覚悟した。集中治療室の中で、何日も思索を巡らせるしかなかった。なぜか気にかかったのが会社の机の中にしまっていた取材メモだった。字が汚く自分でも判別できないことがあった。もし死んでいたら遺品整理の時に、人に見られたら恥ずかしさのあまり成仏できないと思った。

 職場復帰し後遺症は傍目には分からないほどだった。一方で、机の中の汚い字のメモはそのままだった。一念発起して書道教室に通い始めた。ただ、通った教室の先生がやけに厳しかった。曰く「字を使って、美を追求するために書を学ぶのです。一生かかって研鑽を積んでください」と言われて稽古に励んだ。今も励んでいる。

 同時に先生のおかげで字に対する心構えも変わった。美意識も変化した。以前なら細い線の〝前衛芸術〟にしか見えなかった良寛の書にも美を感じるようになった。しかし、せっかく習った技を冠婚葬祭の袋だけに使うのはもったいない。

 というわけで何年か前から手書きの年賀状を作るようになった。「年賀状じまい」といって、その年で年賀状をやめると最後の年賀状を送る人も多いと聞く。私もそんな賀状をもらった。だが、なのである。半世紀ぶりに同窓会で再会した初恋の人や飲み友達には送っておきたいものだ。手書き年賀状の本を参考に市販の筆ペンで書いた。「そんな簡単にできるわけないだろう!」って、だれか言いました? いいえ、何度も練習すれば書けるようになります。これって、私の師匠の口癖ですが……。

少し気が早いけど「ぐらんざ」の読者の皆さまへ、手書き年賀状を書いてみました


文・写真 岡ちゃん(岡田雄希)
元西日本新聞記者。スポーツ取材などを経験し、現在ブログやユーチューブなどに趣味や遊びを投稿し人生をエンジョイするぐらんざ世代。

関連するキーワード


岡ちゃん 挑む!

最新の投稿


ジャムのお取り寄せおすすめ商品10選|ヨーグルトやパンとも相性抜群!

ジャムのお取り寄せおすすめ商品10選|ヨーグルトやパンとも相性抜群!

朝ごはんがパンやヨーグルトの人や、お菓子作りをする人などに人気のジャム。お取り寄せジャムなら、豊富な種類の中から自分好みのフレーバーが選べて楽しみの幅がより広がります。今回は、数ある商品の中から通販でお取り寄せできるおすすめのジャムをご紹介します。きっと、あなたの好みのものが見つかりますよ。


冷凍庫に常備したくなる!お取り寄せジェラートおすすめ10選

冷凍庫に常備したくなる!お取り寄せジェラートおすすめ10選

イタリアのフィレンツェ発祥のジェラート。果物の果汁・果肉、砂糖、ミルクなどを使った比較的爽やかなアイスクリームです。フルーツフレーバーのほかにも、アイスクリームの定番でもあるバニラやチョコレート味もあり、豊富なフレーバーが楽しめるのが魅力的。ヘルシーで低カロリーな商品も多く、甘いものが苦手な人やお子さんにもおすすめのデザートです。


思わず笑顔がこぼれる!お取り寄せクッキーおすすめ12選

思わず笑顔がこぼれる!お取り寄せクッキーおすすめ12選

自分で作るのもいいけれど、プロが作るこだわりのクッキーや有名店のおしゃれクッキーも絶品!今回は、自分へのご褒美やお友達へのプレゼントにもぴったりな、おしゃれでハイセンスなお取り寄せクッキーをご紹介します。ティータイムがさらに豊かになる美味しいクッキーばかりなので、ぜひ購入する際の参考にしてくださいね。


ぐらんざ2021年11月号プレゼント

ぐらんざ2021年11月号プレゼント

応募締切:11月16日(火)