本サイトはプロモーションが含まれています。

長谷川法世のはかた宣言46・町組(ちょうぐみ)

長谷川法世のはかた宣言46・町組(ちょうぐみ)


「城下町※1 」という本をぱらっとめくったら、であいがしらに「町組」という言葉にぶつかった。あわてた。数か町をまとめた組織が町組という。博多の本や中世の本などちょろちょろ読んではいるが、町組なんてことばはお目にかかった記憶がない。博多の「流」とおなじ組織形態じゃないか。

いつからこんな言葉があったのか「おれは聞いとらんぞ!」とばかり、手元の平凡社世界大百科事典(昭和47年発行)を見た。確か発売時「無い項目は無い」というキャッチコピーだった名百科事典に、独立項目として町組はなかった。「町」の項目に「…南北朝から応仁文明の乱にかけて政治的権力が衰えたとき、特に京都で小地域集団が自治自衛の生活組織をつくるようになり、これが町の名で呼ばれ…農村における郷村制のように町々をつないで、町組制を育てた…」とでている。こ、これは読んだはずなんだけど。

はじめて日本史辞典を買ったのは小型の岩波版だが目下行方不明。あとで買ったこれも小型の角川日本史辞典(昭和41年初版44年11版※2)をみてみる。やはり町組の項はなく、「町(まち)」に平凡百科と同様の、そして「親町・枝町による町組」との説明がある。

電子辞書・日本歴史大辞典では「町(まち)」の項目に「町(ちょう)は応仁・文明の乱後自治組織として成長し、町組(ちょうぐみ)・惣町(そうちょう)を形成、町衆(ちょうしゅう)の活動の基盤となった…」とある。

おなじく電子辞書・広辞苑第六版では、「まちぐみ…(チョウグミとも)室町時代の都市で、町々の自治組織。組町」という説明がある。手持ちの一番古い広辞苑は第二版補訂版(昭和52年)で、これも町組で項目立てしてあるものの、簡単な「室町時代、町ごとの自治・統制組織」という説明。「町ごと」では平凡百科いうところの「町々をつないで町組制を育てた」ことにならない。第二版だけでなく、(三、四は持たず)第五版広辞苑(平成10年)もまったく同じ説明。また、大辞林第二版(平成7年)も、「まちぐみ…中世以降、京都などでの都市で各町に置かれた自治組織。ちょうぐみ」と同義の説明だ。

平成11年版の岩波日本史辞典では「ちょうぐみ…町の連合体」とズバリ説明。つづけて「とくに中世末・近世京都の町連合組織…」と説明がつづく。広辞苑と岩波日本史辞典は同じ岩波書店の刊行だけれど、日本史辞典に軍配だろう。(事典辞書のタイトルマッチか!?)

まちぐみ・ちょうぐみという読み方のちがいは、史料に仮名で書かれたものがないためかも。「ちょう」の集合体が「まち」なので、「ちょうぐみ」と読むのが素人判断では合理的と思える。

ちょう→ちょうぐみ→まち、と大きくなる。自分なりに「江戸のマチは八百八チョウ」とおぼえている。

ところで、「町組・博多」でネット検索したら、「近世近代博多における職住近接と地縁的結合の変容に関する研究」という論文が現れた。「流」についての驚くべき新説が発表されている。(この項つづく)

*1)「城下町」…松本四郎著・吉川弘文館・H25。巻末の地名索引に「福岡(博多)」の項目が7か所でているが、ほかに10か所の記述があった。

*2)昭和44年11版…げっ、46年前の発売だ。でも、買ったのはもっとあとだも〜ん。

お知らせ「COM傑作選上」中条省平編・ちくま文庫、新発売。私の初期SF短編「新暦八九一年の皆既日食」も収録されてます。

関連するキーワード


長谷川法世のはかた宣言

最新の投稿


[2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったり!もらって嬉しいおすすめギフト12選

[2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったり!もらって嬉しいおすすめギフト12選

引越しの段取りの中で忘れてはいけない、引越し先のご近所さんへのご挨拶。より快適な新生活を送るためには、ご近所さんとの良好な関係は不可欠です。「これからよろしくお願いします」という想いを込めて、気の利いた粗品で新生活を始めましょう![2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったりのおすすめギフト12選をご紹介します。


[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方&おすすめ商品15選|お菓子・フルーツ・飲み物・など

[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方&おすすめ商品15選|お菓子・フルーツ・飲み物・など

大切な友人・知人、会社の先輩・同僚・部下が入院したと聞けば心配でお見舞いに駆け付けたいもの。そんな時に喜ばれるお見舞い品を、バリエーション豊かにご紹介!事前に相手の体調の状態やシチュエーションをリサーチし、ふさわしい手土産を準備しましょう。[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方とおすすめ商品15選をお届けします。


女性への2万円のプレゼントおすすめ13選【アクセサリーから家電まで】多彩に紹介!

女性への2万円のプレゼントおすすめ13選【アクセサリーから家電まで】多彩に紹介!

ステキな女性に贈りたい!予算2万円で購入できる、上質かつ高級感あふれるおすすめ商品をご紹介します。2万円という決して安くない予算をかけるプレゼントは、相手が心から喜んでくれる品を選びたいもの。女性へのプレゼント選びは相手の好みやライフスタイルに大きく左右されるため、簡単なことではありません。ここでは、アクセサリーやファッションアイテム・家電・日用品など女性向けのおすすめアイテムを多様なジャンルからご紹介します。人気ブランドの商品や日本製の高品質な商品を厳選したので、プレゼント選びの参考にしてくださいね。


予算5万円で贈る女性へのプレゼント11選!ブランドは何を選ぶ?海外・日本のブランドをご紹介

予算5万円で贈る女性へのプレゼント11選!ブランドは何を選ぶ?海外・日本のブランドをご紹介

5万円という予算をかけて女性へプレゼントを贈る時には、相手の好みにあわせた上質な商品を選びたいと思うもの。ただ価格が高ければいいというわけではないため、商品を選ぶのに迷ってしまうこともあるでしょう。ここでは、定番の海外ハイブランドの人気商品や、メイドインジャパンの上質さにこだわったブランド商品をご紹介します。海外ハイブランド・日本ブランド、どちらもそれぞれに魅力を持っていますが、プレゼントを贈る女性の好みにより合うものを選べば、きっと記憶に残る特別なギフトになりますよ。


[2024年版]50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメ12選|美容液やクリームなど喜ばれる品を厳選紹介

[2024年版]50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメ12選|美容液やクリームなど喜ばれる品を厳選紹介

50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメを12選ご紹介します。コスメはすでに気に入っているブランドやアイテムがある場合が多く、選ぶ際に悩む人も多いでしょう。本記事では、プレゼントしやすいクリームや口紅などを中心に50代女性にマッチするアイテムを厳選しました。50代の女性に贈るコスメの選び方についてもお伝えするので参考にしてくださいね。


発行元:株式会社西日本新聞社 ※西日本新聞社の企業情報はこちら