本サイトはプロモーションが含まれています。

岡ちゃんのきまぐれ散歩術 3

岡ちゃんのきまぐれ散歩術 3


はっきりと見えてきた

 19世紀後半に活躍した英国の小説家アーサー・コナン・ドイルが創作した探偵シャーロック・ホームズが「ボヘミアの醜聞」という物語で友人のワトソン博士に語った言葉を思い出した。「君は見ているだけで、観察ということをしていない。見ると観察するのでは大違いなんだよ」

 そうなのだ。私は、歩きながらものを見てはいたが観察をしていなかった。道端には、たばこの吸い殻、落ちたマスク、空き缶、ファーストフードの包み紙など、いろんなごみが落ちている。しかも、世の中にはそんなごみを拾う善男善女も多い。

 友人の話も参考になった。県内を中心に展開する娯楽産業の執行役員をしていた彼は職を辞して悠々自適の生活に入り、ごみ拾いを日課にするようになった。「娯楽産業で禄をはんできたので恩返しのつもりだ」と言いながら楽しんで続けている。

 たまに一杯やりながら、友人からごみ拾いの報告を聞くのだが、演芸好きの父上に連れられ、子供の頃から東京の寄席で生の落語や漫才に触れていたそうだ。それだけに、その語り口は酒の肴になるほど面白い。そんな話を聞くうちに「私も散歩しながら、ごみ拾いをしよう」と考えるようになった。ごみ拾いは金運にも効果があるという少々不純な動機もある。

 腰を痛めずごみを拾い上げるための長いトングもあった。で、ごみ袋は?と調べるうちに福岡市がごみ袋を区役所単位で配布してくれることもわかった。毎日ではないが、トングとごみ袋を手に1時間ほど散歩をしている。まだ、ビギナーだが獲物(ごみのこと)がない日はない。社会の役に立っているという充実感も少しだけ湧いてきた。

 目の前に広がる梅雨明けの青空を見ながら散歩中に米国のシンガーソングライター、ジョニー・ナッシュの「I can see clearly now」が口をついて出てきた。歌い出しはこうだ。「♪雨がやんだ、今はっきりと見える」。そう私にも見える! 道端のごみが…


文・写真岡ちゃん

ぐらんざ世代の代弁者としてnoteなどで発信。
代筆屋業も開業しスピーチ原稿などの執筆や情報誌編集長としても奮闘中。

関連するキーワード


岡ちゃんのきまぐれ散歩術

最新の投稿


「ぐらんざ7月号」記事内容の誤りに関するお詫びと訂正

「ぐらんざ7月号」記事内容の誤りに関するお詫びと訂正

「ぐらんざ7月号」の17ページに掲載しているコラム「岡ちゃんの気まぐれ散歩術」の内容に誤りがありました。 コラム内で朝倉郡筑前町立大刀洗平和祈念館に展示されている「局地戦闘機『震電』の実物大レプリカ」をご紹介しておりますが、文章中に「まもなく展示が終了する」という誤った記載がありました。「震電」は常設で、現在のところ展示終了の予定はありません。 読者の皆様および関係者の皆様には大変ご迷惑をお掛けしました。お詫びして訂正いたします。


[2024年版]50代の女性に贈るおすすめの日焼け止め・化粧下地10選|メイクに使えるプチプラ・デパコスアイテムを厳選紹介

[2024年版]50代の女性に贈るおすすめの日焼け止め・化粧下地10選|メイクに使えるプチプラ・デパコスアイテムを厳選紹介

50代の女性にギフトとして化粧品を贈る際は、日焼け止めや化粧下地がおすすめです。一般的に化粧品は女性の好みが強く反映されるアイテムのため、好みを知らないままプレゼントするのは難しいもの。日焼け止めや化粧下地であれば、上に使うコスメで自分好みのメイクに仕上げられるので、プレゼントしやすいですよ。50代の女性に贈る日焼け止めと化粧下地をそれぞれ5商品ずつご紹介するので参考にしてくださいね。


ぐらんざ2024年7月号プレゼント

ぐらんざ2024年7月号プレゼント

応募締め切り:2024年7月12日(金)



今月のシネマ

今月のシネマ


発行元:株式会社西日本新聞社 ※西日本新聞社の企業情報はこちら