本サイトはプロモーションが含まれています。

福岡麺人生61杯目・名キャッチコピーが二つ 来久軒

福岡麺人生61杯目・名キャッチコピーが二つ 来久軒


「来久軒」
佐賀県武雄市武雄町 4190-2
午前11時~午後4時 月曜定休
ラーメン700円

〝コクがあるのに、キレがある〟

 1980年代中頃のアサヒビールのキャッチコピーを久しぶりに聞いた。その言葉を口にしたのは佐賀県武雄市にある「来久軒」店主の奥安弘さん(76)。曰く「うちのラーメンはこの言葉を目指してるんですよ」。

洋食より豚骨ラーメンの方が難しいですよ」と
奥安弘さん

 確かに、言わんとすることは分かる。見た目はしっかり白濁で、口に含むと豚骨の出汁がぐいっとくる。まろやかで濃厚、でもスッキリしているのだ。奥さんは続ける。「洋食のノウハウがあるからでしょうね」

 奥さんは地元の武雄高校を卒業後、料理の世界に入った。ジャンルは洋食。名古屋のホテルを皮切りに全国で腕を磨いた。昭和47年には独立。当然洋食屋と思いきや、何と焼き鳥屋だった。  

「武雄は田舎。洋食ではだめでしょ」

 ただ、そこで運命の出会いをすることになる。「三夜待に誘われて」と奥さんは言う。三夜待? 聞き返すと、陰暦の23日夜に催される月待行事のこと。武雄では近しい者で飲みの席を設けるのだという。集まっていたのは高校の同窓生。そのうちの一人が佐賀県内でラーメン店を展開する「喰道楽」創業者の平川比登士さんだった。

 昭和48年に佐賀県北方町で創業したばかりの喰道楽は、すでに忙しいらしかった。平川さんから「人手がいるから手伝ってくれないか」と言われ、焼き鳥屋と掛け持ちしながら厨房に入るようになる。人気ぶりは予想以上で「焼き鳥よりラーメン」と即断。すぐに店の場所探しを始めた。

 元だれのつくりかたや骨の炊き方は習った。それからは洋食のコックとして腕の見せ所だ。「佐賀はコクだけではダメ、キレがないと。そいぎ、つくり方を変えたんよ」。骨の種類と量、火加減を調整。ポタージュ、コンソメのスープの取り方も参考にした。

 出店場所に選んだのは「御船山楽園」のすぐそば。市街地から離れた立地ではあるものの、佐賀から長崎へと抜ける幹線道路なのだという。当時は長崎自動車道がつながっておらず、今より交通量が多かった。「すぐに売れて、昭和53年には増築ですよ」と振り返る。

 建て増した部分につくったスープ場を案内してもらった。四つの大きな羽釜が並び、それぞれに時間差で炊いたスープが入っている。古いものと新しいものを継ぎ足しながらスープを完成させる。久留米の呼び戻し系スープの製法と似ているように思った。「久留米系は骨を混ぜる。でもうちは全く混ぜない。骨を崩さないように炊くんです」。すっきりとしたキレの理由の一つかもしれない。

〝なにも足さない。なにも引かない〟

 奥さんに座右の銘を聞くとそう答えた。真意は自分自身の味を信じて貫くということらしい。「まねをして潰れた店はいっぱいある。よそのを食べたら美味しく感じるから、他の店には行かないね」。

 ちなみにこの座右の銘は、サントリーウイスキー山崎のキャッチコピーである。


文・写真 小川祥平

1977年生まれ。西日本新聞社出版担当デスク。
著書に「ラーメン記者、九州をすする!」。「CROSS FM URBAN DUSK」内で月1回ラーメンと音楽を語っている。

ツイッターは@figment2K

関連するキーワード


福岡麺人生

最新の投稿


[2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったり!もらって嬉しいおすすめギフト12選

[2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったり!もらって嬉しいおすすめギフト12選

引越しの段取りの中で忘れてはいけない、引越し先のご近所さんへのご挨拶。より快適な新生活を送るためには、ご近所さんとの良好な関係は不可欠です。「これからよろしくお願いします」という想いを込めて、気の利いた粗品で新生活を始めましょう![2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったりのおすすめギフト12選をご紹介します。


[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方&おすすめ商品15選|お菓子・フルーツ・飲み物・など

[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方&おすすめ商品15選|お菓子・フルーツ・飲み物・など

大切な友人・知人、会社の先輩・同僚・部下が入院したと聞けば心配でお見舞いに駆け付けたいもの。そんな時に喜ばれるお見舞い品を、バリエーション豊かにご紹介!事前に相手の体調の状態やシチュエーションをリサーチし、ふさわしい手土産を準備しましょう。[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方とおすすめ商品15選をお届けします。


女性への2万円のプレゼントおすすめ13選【アクセサリーから家電まで】多彩に紹介!

女性への2万円のプレゼントおすすめ13選【アクセサリーから家電まで】多彩に紹介!

ステキな女性に贈りたい!予算2万円で購入できる、上質かつ高級感あふれるおすすめ商品をご紹介します。2万円という決して安くない予算をかけるプレゼントは、相手が心から喜んでくれる品を選びたいもの。女性へのプレゼント選びは相手の好みやライフスタイルに大きく左右されるため、簡単なことではありません。ここでは、アクセサリーやファッションアイテム・家電・日用品など女性向けのおすすめアイテムを多様なジャンルからご紹介します。人気ブランドの商品や日本製の高品質な商品を厳選したので、プレゼント選びの参考にしてくださいね。


予算5万円で贈る女性へのプレゼント11選!ブランドは何を選ぶ?海外・日本のブランドをご紹介

予算5万円で贈る女性へのプレゼント11選!ブランドは何を選ぶ?海外・日本のブランドをご紹介

5万円という予算をかけて女性へプレゼントを贈る時には、相手の好みにあわせた上質な商品を選びたいと思うもの。ただ価格が高ければいいというわけではないため、商品を選ぶのに迷ってしまうこともあるでしょう。ここでは、定番の海外ハイブランドの人気商品や、メイドインジャパンの上質さにこだわったブランド商品をご紹介します。海外ハイブランド・日本ブランド、どちらもそれぞれに魅力を持っていますが、プレゼントを贈る女性の好みにより合うものを選べば、きっと記憶に残る特別なギフトになりますよ。


[2024年版]50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメ12選|美容液やクリームなど喜ばれる品を厳選紹介

[2024年版]50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメ12選|美容液やクリームなど喜ばれる品を厳選紹介

50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメを12選ご紹介します。コスメはすでに気に入っているブランドやアイテムがある場合が多く、選ぶ際に悩む人も多いでしょう。本記事では、プレゼントしやすいクリームや口紅などを中心に50代女性にマッチするアイテムを厳選しました。50代の女性に贈るコスメの選び方についてもお伝えするので参考にしてくださいね。


発行元:株式会社西日本新聞社 ※西日本新聞社の企業情報はこちら