本サイトはプロモーションが含まれています。

九州麺人生 60杯目・わりかしフレンドリーな店やけんな~ きりん亭

九州麺人生 60杯目・わりかしフレンドリーな店やけんな~ きりん亭


「きりん亭」
大分県別府市餅ケ浜町10-45
午前11時~午後2時、水曜定休。
冷麺800円、ラーメン700円

「久しぶり、今日来んかったら連絡しようとおもっちょった」

 大分県別府市にある「きりん亭」の谷崎由紀子さん(77)は、入ってきた常連客とおぼしき男性に話しかけた。「そんなに来てなかったっけ?」と言う男性に、谷崎さんはすぐさま返答する。「2週間よ」。すると男性は笑顔で応じた。「安否確認やな。ありがとう」。そして続ける。「冷麺お願い~」

 トークが冴える由紀子さんとは対照的に、厨房では夫の義男さん(81)が寡黙に作業をしていた。

 小麦粉、そば粉、片栗粉をこねた生地を、注文のたびに押し出し式の製麺機にセット。圧力がかけられた生地はところてんのように麺になって出てくる。製麺機の下には釜があり、麺は自動的に茹でられる。

 こちらも冷麺を注文した。冷たく締められた丸っこい麺はちょっと太めで、かみ応えがある。牛肉と昆布などの和だしで取ったスープはあっさり。キャベツキムチの酸味と辛みがいいアクセントだった。

「別府冷麺」といえばご当地グルメの一つで、市内の多くの店で提供されている。太麺とキャベツキムチの「大陸風」と、そば粉が強い細麺と白菜キムチの「焼き肉店風」の2種類があり、きりん亭は前者だ。由紀子さんはその歴史を教えてくれた。

「もともと夫は船乗り。でも飽きたんでしょう。飲食店をやることになってね」

 そこで手を差し伸べてくれたのが知人の松本一五郎さんだった。松本さんは戦後間もなく、「大陸」(現在は閉店)をオープンした。満州で食べた韓式冷麺をアレンジして提供し、人気となる。これこそが別府冷麺のルーツの一つであり、「大陸風」と言われる由縁である。

「松本さんから『うちに来て覚えれ』って言われたんよ。熱心だからできるんだと思ったんでしょうね」。冷麺づくりを習得した義男さんは昭和49年に独立する。屋号は「麒麟亭」のつもりが、看板屋さんが「漢字が難しい」とひらがなにしたとか。

 別府冷麺が名物として認知され始めたのはここ十数年のこと。「当時は口コミだけ。よう続いたと思うよ」。最初の数年は苦労したというが、義男さんの味には徐々にファンがついた。

 看板メニューの冷麺のほか、常連の中ではラーメン人気も根強い。こちらも松本さんから学んだ一品で、豚骨、鶏がらスープにコシのある麺が合わさる。「ずっとこの味。昔ながらの中華そばでしょ」と由紀子さんは声をかけてくる。冷麺やラーメンだけではない。この由紀子さんのトークに引かれて通う人も多いはずだ。

「うちはチェーン店とかの雰囲気とは違うよ」と笑顔の谷崎由紀子さん

「わりかしフレンドリーな店やけんな~。店も狭いし、わたしは話好き。今は長いお客さんばかり。身内感覚やな」。

 そう言いながら由紀子さんは別のテーブルに行き、お客さんとのおしゃべりを始めた。厨房では義男さんが真剣な表情で麺をゆがいていた。


文・写真 小川祥平

1977年生まれ。西日本新聞社出版担当デスク。著書に「ラーメン記者、九州をすする!」。「CROSS FM URBAN DUSK」内で月1回ラーメンと音楽を語っている。ツイッターは@figment2K

関連するキーワード


福岡麺人生 九州麺人生

最新の投稿


「ぐらんざ7月号」記事内容の誤りに関するお詫びと訂正

「ぐらんざ7月号」記事内容の誤りに関するお詫びと訂正

「ぐらんざ7月号」の17ページに掲載しているコラム「岡ちゃんの気まぐれ散歩術」の内容に誤りがありました。 コラム内で朝倉郡筑前町立大刀洗平和祈念館に展示されている「局地戦闘機『震電』の実物大レプリカ」をご紹介しておりますが、文章中に「まもなく展示が終了する」という誤った記載がありました。「震電」は常設で、現在のところ展示終了の予定はありません。 読者の皆様および関係者の皆様には大変ご迷惑をお掛けしました。お詫びして訂正いたします。


[2024年版]50代の女性に贈るおすすめの日焼け止め・化粧下地10選|メイクに使えるプチプラ・デパコスアイテムを厳選紹介

[2024年版]50代の女性に贈るおすすめの日焼け止め・化粧下地10選|メイクに使えるプチプラ・デパコスアイテムを厳選紹介

50代の女性にギフトとして化粧品を贈る際は、日焼け止めや化粧下地がおすすめです。一般的に化粧品は女性の好みが強く反映されるアイテムのため、好みを知らないままプレゼントするのは難しいもの。日焼け止めや化粧下地であれば、上に使うコスメで自分好みのメイクに仕上げられるので、プレゼントしやすいですよ。50代の女性に贈る日焼け止めと化粧下地をそれぞれ5商品ずつご紹介するので参考にしてくださいね。


ぐらんざ2024年7月号プレゼント

ぐらんざ2024年7月号プレゼント

応募締め切り:2024年7月12日(金)



今月のシネマ

今月のシネマ


発行元:株式会社西日本新聞社 ※西日本新聞社の企業情報はこちら