本サイトはプロモーションが含まれています。

九州麺人生 59杯目・再出発を支えた一杯 松福

九州麺人生 59杯目・再出発を支えた一杯 松福


「松福」
佐賀県鹿島市高津原1841
午前11時半~午後2時、月曜定休
ラーメン600円、カレー600円

「もともとはサラリーマン。だから商売は不安でしたよ」。御年88歳になる松本義信さんは創業時のことをそう振り返った。佐賀県鹿島市に「松福(しょうふく)」ののれんを掲げたのは昭和56年だから、脱サラは47歳の時になる。よくよく考えてみれば、人生の再スタートにはちょっと遅い気もした。

 そんな私を見透かしたように、隣にいた妻の佐智子さん(81)が口を挟む。「そりゃ心配しましたよ。でも『ここで男になれ!』と思ってね」

「手軽に食べられるものにしたい」と、ラーメンとカレーを提供することに決めた。佐賀市の老舗「一休軒」出身の職人からラーメンを、カレーは鹿島市内の割烹で習った。屋号は「福を招く」と自身の名字をかけている。

 縁起のいい屋号のおかげ、というわけではないのだろうがスタートから順調だった。「『半年も続かん』って地元の人にはあきれられたんだけどね」と松本さん。最初は出前が中心。役場や農協など地元の人たちが支えてくれた。一方の佐智子さんは「自分が選択した道。男はやり通す。営業を始めたら心配はなかったですよ」と頼もしい。

「飲食をやりたかったんですよ」と松本義信さん

 まずはラーメンをいただく。スープは、しみじみ味の佐賀らしさがあり、一休軒系というのもうなずける。ただ、昔ながらの佐賀ラーメンよりも、クリーミーで濃厚さが際立っていた。松本さんは言う。「味は自分に合わせて変わっていきますから。最初とは全然違いますよ」

 今では「松福=ラーメン」と認識されているものの、カレー人気も根強い。長時間煮込み、熟成させたカレーは、うま味が強く、濃厚。家庭の味とも違っておいしかった。

 かくしゃくと働く松本さんだが、一代限りでのれんをおろすつもりだったという。「でもお客さんが続けてって言うからね」。最近値上げをしたらしいが、背中を押してくれたのもお客さんだった。「『そろそろ上げていいんじゃない』と心配して催促してくるんですよ」と笑う。

 長く続いてほしい―。そんなお客さんたちの思いを実現させたのは松本さんの息子、義憲さん(44)である。

「おやじの年齢のこともある。小さい頃から好きだったこのラーメンがなくなったら困る。じゃあ自分でつくったらいつまでも食べられると思ったんです」

 父親の味を引き継ぎ、昔ながらの平ざるで麺上げをする。現在は2代目として厨房を仕切っている。

 それでも、松本さんは佐智子さんとともに変わらずに店に立つ。「ここにいるのは元気のもとだから。あと孫のおかげもありますね」。孫の一人は女子野球界で活躍する松本里乃さん。祖父がつくるラーメンに対する彼女の愛のメッセージが店の壁に書かれていた。

 取材中、時折麺上げの加勢をしていた松本さん。その姿はなんだか楽しそう。人生の再スタートは何歳からでも遅くはない。

文・写真小川祥平

1977年生まれ。西日本新聞社出版担当デスク。
著書に「ラーメン記者、九州をすする!」。「CROSS FM URBAN DUSK」内で月1回ラーメンと音楽を語っている。ツイッターは@figment2K

関連するキーワード


福岡麺人生

最新の投稿


[2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったり!もらって嬉しいおすすめギフト12選

[2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったり!もらって嬉しいおすすめギフト12選

引越しの段取りの中で忘れてはいけない、引越し先のご近所さんへのご挨拶。より快適な新生活を送るためには、ご近所さんとの良好な関係は不可欠です。「これからよろしくお願いします」という想いを込めて、気の利いた粗品で新生活を始めましょう![2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったりのおすすめギフト12選をご紹介します。


[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方&おすすめ商品15選|お菓子・フルーツ・飲み物・など

[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方&おすすめ商品15選|お菓子・フルーツ・飲み物・など

大切な友人・知人、会社の先輩・同僚・部下が入院したと聞けば心配でお見舞いに駆け付けたいもの。そんな時に喜ばれるお見舞い品を、バリエーション豊かにご紹介!事前に相手の体調の状態やシチュエーションをリサーチし、ふさわしい手土産を準備しましょう。[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方とおすすめ商品15選をお届けします。


女性への2万円のプレゼントおすすめ13選【アクセサリーから家電まで】多彩に紹介!

女性への2万円のプレゼントおすすめ13選【アクセサリーから家電まで】多彩に紹介!

ステキな女性に贈りたい!予算2万円で購入できる、上質かつ高級感あふれるおすすめ商品をご紹介します。2万円という決して安くない予算をかけるプレゼントは、相手が心から喜んでくれる品を選びたいもの。女性へのプレゼント選びは相手の好みやライフスタイルに大きく左右されるため、簡単なことではありません。ここでは、アクセサリーやファッションアイテム・家電・日用品など女性向けのおすすめアイテムを多様なジャンルからご紹介します。人気ブランドの商品や日本製の高品質な商品を厳選したので、プレゼント選びの参考にしてくださいね。


予算5万円で贈る女性へのプレゼント11選!ブランドは何を選ぶ?海外・日本のブランドをご紹介

予算5万円で贈る女性へのプレゼント11選!ブランドは何を選ぶ?海外・日本のブランドをご紹介

5万円という予算をかけて女性へプレゼントを贈る時には、相手の好みにあわせた上質な商品を選びたいと思うもの。ただ価格が高ければいいというわけではないため、商品を選ぶのに迷ってしまうこともあるでしょう。ここでは、定番の海外ハイブランドの人気商品や、メイドインジャパンの上質さにこだわったブランド商品をご紹介します。海外ハイブランド・日本ブランド、どちらもそれぞれに魅力を持っていますが、プレゼントを贈る女性の好みにより合うものを選べば、きっと記憶に残る特別なギフトになりますよ。


[2024年版]50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメ12選|美容液やクリームなど喜ばれる品を厳選紹介

[2024年版]50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメ12選|美容液やクリームなど喜ばれる品を厳選紹介

50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメを12選ご紹介します。コスメはすでに気に入っているブランドやアイテムがある場合が多く、選ぶ際に悩む人も多いでしょう。本記事では、プレゼントしやすいクリームや口紅などを中心に50代女性にマッチするアイテムを厳選しました。50代の女性に贈るコスメの選び方についてもお伝えするので参考にしてくださいね。


発行元:株式会社西日本新聞社 ※西日本新聞社の企業情報はこちら