本サイトはプロモーションが含まれています。

福岡麺人生58杯目・待つ間におでんとビール お栄さん

福岡麺人生58杯目・待つ間におでんとビール お栄さん


「お栄さん」
長崎県佐世保市三浦町2-1
午前11時半~午後3時、午後5時~翌午前3時ごろ(売り切れ終了) 火曜定休
ラーメン650円、おでん150円~

 ラーメンを頼んで店内を見渡すと、壁際に「注文して」と言わんばかりのおでん鍋があった。セルフサービスだが、それぞれの具が串に刺さっていて取りやすい。まずは大根と玉子を選ぶ。だしがしみこんだ牛すじもうまそうだ。追加で皿に載せた。周りには、ぼくと同じように待っている間におでんを取り行く人の多いこと。そして、テーブルにはビール瓶がある。たしかにこのシチュエーションに瓶ビールは必須である。

 「もともと屋台だから。まずはビールとおでんでしょ」とは、2代目の秋吉千穂子さん(79)。創業は昭和28年ごろ。秋吉さんの義母、フジノさんがラーメン屋台を始めた。佐世保ラーメンの黎明(れいめい)期を支えたのは「お栄さん」のような屋台だった。

おでんの準備をする秋吉千穂子さん

 佐世保初のラーメン店は「大阪屋」(平成29年に閉業)といわれている。朝鮮戦争が勃発し、後方支援基地となった佐世保は大いに沸いていた。特需にあやかろうと大阪出身の新郷謙次さんが開いた屋台が「大阪屋」だ。以来、街にはラーメン屋台が続々と誕生。その一つが「お栄さん」だった。ちなみに屋号は、独立前にフジノさんが働いていた飲食店の常連さんが繁盛を願って付けてくれたという。

 「佐世保駅の裏に仕込み場があって、街の屋台のほとんどがそこで仕込みをするんよ」。昭和30年代後半からフジノさんとともに働いた秋吉さんはそう懐かしむ。「うちの屋台の番号は105番」。佐世保の街には百数十台の屋台が営業していたという。

 定位置は松浦鉄道の線路沿いだった。手動式の遮断機が付いた踏切のそば。「天気が悪けりゃ休み。電車が通過すると風が吹く。だから、のれんに砂袋をさげて重しにしてました」。魚市場、飲み屋街が近くで、とにかくにぎわった。屋台に入るとまずは「おでんとビールちょうだい」。それが客の常だった。

 そのおでんは、鶏がらと塩ベースでさっぱりした味わいだ。すぐにラーメンが来るのだから、これくらいの味付けがいい。対して、ラーメンは豚骨の白濁スープ。「佐世保のラーメンは久留米の味よ」と秋吉さんは言うが、久留米よりあっさりタイプ。豚骨の甘いだしがしみる。

 屋台から店舗になったのは昭和40年代のこと。近くに良い物件があったので入居し、20年ほど前に今のビルに移った。形態は変わっても、ずっと変わらず深夜まで営業。現在は息子で3代目の充さん(53)が夜を仕切っている。「義母も私も夜中まで働いた。ハードかですよ。でも継いでくれて本当にありがたい」。今も屋台のように深夜3時頃までのれんを掲げている。

 佐世保ラーメンの黎明期に屋台で始まった老舗の多くが店を閉じた。現在も続く店は少ないが、どこも変わらず串刺しのおでんを出している。ラーメンを注文して、待つ間におでんと瓶ビール。ここまで含めて佐世保ラーメンだと言いたい。


文・写真 小川祥平
1977年生まれ。西日本新聞社出版担当デスク。
著書に「ラーメン記者、九州をすする!」。
「CROSS FM URBAN DUSK」内で月1回ラーメンと音楽を語っている。

ツイッターは@figment2K

関連するキーワード


福岡麺人生

最新の投稿


[2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったり!もらって嬉しいおすすめギフト12選

[2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったり!もらって嬉しいおすすめギフト12選

引越しの段取りの中で忘れてはいけない、引越し先のご近所さんへのご挨拶。より快適な新生活を送るためには、ご近所さんとの良好な関係は不可欠です。「これからよろしくお願いします」という想いを込めて、気の利いた粗品で新生活を始めましょう![2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったりのおすすめギフト12選をご紹介します。


[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方&おすすめ商品15選|お菓子・フルーツ・飲み物・など

[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方&おすすめ商品15選|お菓子・フルーツ・飲み物・など

大切な友人・知人、会社の先輩・同僚・部下が入院したと聞けば心配でお見舞いに駆け付けたいもの。そんな時に喜ばれるお見舞い品を、バリエーション豊かにご紹介!事前に相手の体調の状態やシチュエーションをリサーチし、ふさわしい手土産を準備しましょう。[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方とおすすめ商品15選をお届けします。


女性への2万円のプレゼントおすすめ13選【アクセサリーから家電まで】多彩に紹介!

女性への2万円のプレゼントおすすめ13選【アクセサリーから家電まで】多彩に紹介!

ステキな女性に贈りたい!予算2万円で購入できる、上質かつ高級感あふれるおすすめ商品をご紹介します。2万円という決して安くない予算をかけるプレゼントは、相手が心から喜んでくれる品を選びたいもの。女性へのプレゼント選びは相手の好みやライフスタイルに大きく左右されるため、簡単なことではありません。ここでは、アクセサリーやファッションアイテム・家電・日用品など女性向けのおすすめアイテムを多様なジャンルからご紹介します。人気ブランドの商品や日本製の高品質な商品を厳選したので、プレゼント選びの参考にしてくださいね。


予算5万円で贈る女性へのプレゼント11選!ブランドは何を選ぶ?海外・日本のブランドをご紹介

予算5万円で贈る女性へのプレゼント11選!ブランドは何を選ぶ?海外・日本のブランドをご紹介

5万円という予算をかけて女性へプレゼントを贈る時には、相手の好みにあわせた上質な商品を選びたいと思うもの。ただ価格が高ければいいというわけではないため、商品を選ぶのに迷ってしまうこともあるでしょう。ここでは、定番の海外ハイブランドの人気商品や、メイドインジャパンの上質さにこだわったブランド商品をご紹介します。海外ハイブランド・日本ブランド、どちらもそれぞれに魅力を持っていますが、プレゼントを贈る女性の好みにより合うものを選べば、きっと記憶に残る特別なギフトになりますよ。


[2024年版]50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメ12選|美容液やクリームなど喜ばれる品を厳選紹介

[2024年版]50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメ12選|美容液やクリームなど喜ばれる品を厳選紹介

50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメを12選ご紹介します。コスメはすでに気に入っているブランドやアイテムがある場合が多く、選ぶ際に悩む人も多いでしょう。本記事では、プレゼントしやすいクリームや口紅などを中心に50代女性にマッチするアイテムを厳選しました。50代の女性に贈るコスメの選び方についてもお伝えするので参考にしてくださいね。


発行元:株式会社西日本新聞社 ※西日本新聞社の企業情報はこちら