【ぐらんざ人】俳優・画家 片岡鶴太郎

【ぐらんざ人】俳優・画家 片岡鶴太郎


「絵を描きたい」心を動かした一凛の花

 「27年前位になりますかね」

 絵を描き始めたきっかけを尋ねると、片岡鶴太郎さんはそう口火を切った。

 「ある冬の寒い日に出掛けようとしたら、気配を感じましてね、振り返ったら赤い椿の花が咲いているんですよ。寒くて、誰も見ていないのに健気に咲いている。初めて花と会話が出来た感覚でした。この感動を表現できる人になれたら、なんて素敵だろう、なんて豊かな人生になるだろうと。それがきっかけです」

 絵の経験はなかったものの、独学で描き始めて1年。鶴太郎さんの絵が百貨店美術部の目に留まる。

 「個展をやらないかと言われました。僕みたいなのが出来るのかとも思ったのですが、1年後に40歳の記念として個展を開こうと。そのためには100枚必要と言うのですよ。とにかく3日に1枚を描くことを決めまして、大変でしたね。でも夢中になって描き続けることで、自分の絵と深く向き合うことができました」

 その後も60歳を迎えるまで、年100枚描き続けたという鶴太郎さん。

 「最低でも10年は自分の中のものを掘り起こす作業を続けたかったんです。続けるうちに自分なりの描き方や自分だけの技術、表現したいものがわかるようになってきました。10年を超えてもやり続けたのは、描いても描いても描き尽くせないものがあって。芸事も芸術も一生勉強ということで、その時々で発見があり、今度はこんなものを描きたいという思いも出てくるものですから。これでいい、というのはないですね」

新しい世界での発見。裸で学ぶ喜びを感じて

関連するキーワード


ぐらんざ人

関連する投稿




【ぐらんざ人】歌舞伎俳優 坂東玉三郎 越路吹雪40回忌コンサート Aprés Toi~アプレ・トワ

【ぐらんざ人】歌舞伎俳優 坂東玉三郎 越路吹雪40回忌コンサート Aprés Toi~アプレ・トワ

公演は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、中止となりました



【ぐらんざ人】博多座二月公演スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)『新版 オグリ』 歌舞伎俳優 市川猿之助 × 中村隼人

【ぐらんざ人】博多座二月公演スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)『新版 オグリ』 歌舞伎俳優 市川猿之助 × 中村隼人

ぐらんざ2月号の表紙を飾ったのは、市川猿之助さんと中村隼人さん。博多座で公演されるスーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)『新版 オグリ』 について伺った。


最近話題のキーワード

ぐらんざで話題のキーワード


プレゼント ぐらんざ人