本サイトはプロモーションが含まれています。

ハットをかざして 第72話

ハットをかざして 第72話

中洲次郎=文 やましたやすよし=イラスト


勘当息子

母に送った40余年前の手紙を読み返してみると、書いた自分自身が嫌になる。何かにつけて金の無心ばかりを書き連ねている。
本を買う。洋書を買う。服を買う。靴を買う。度がすすんだとメガネを買い替える。友人と旅行をする。軽井沢や伊豆湯ヶ島に、ドライブ旅行である。夏の海水浴は鎌倉や、ちょいと足を伸ばして伊豆の弓ヶ浜。弓ヶ浜は半弓型の砂浜を持つ、小ぶりな海浜で直ぐ近くに石廊崎の灯台がある。ゼミ旅行がある。主に八王子セミナーハウス、もちろん合宿である。自動車の免許を取ると云う。当時自動車学校は約5万円ほど、これはすべて飲み代に消えて、結局在学中は取らずじまいだった。

夏休み、春休み、冬休みの帰省費用。東京から九州まで特急で4500円くらいだったと記憶している。あと年四回の授業料の支払いがある。一回分が27950円、母に送っていた手紙の中に、大学からの領収書がそのまま入っていた。今に換算して約20万円くらいか。月の生活費が35000円、部屋代と朝晩の食費12000円を引くと、23000円で暮らしていたことになる。郵便切手は普通封書で15円、紺地に白菊のデザイン。速達で65円、切手のデザインは茶色地に埴輪の馬だった。

昭和44年の手紙を読んでいると、余程郵便事情が悪かったのか、現金封筒が九州から三鷹市井の頭まで一週間を要している。郵便局のせいだが、この遅れを手紙で母を責めている。とにかく月末になるとお金がない。まさに素寒貧、下宿の小母さんや隣室の先輩、学校の友人にお金を借りて糊口をしのぐ。文面は「こんな遅れが二度とないように、今後はすべて速達にしてくれ」と居丈高である。下宿に電話はあるが、小母さんにめったなことでは使用を頼めない。しかも居間に置いてあるから、話の中身がすべて聞かれてしまう。よって往来の赤電話まで走るのだが、十円玉を30枚くらい用意しておく必要がある。常日ごろから引き出しの小箱に十円玉を貯めているのはそのためである。けっこう早口でしゃべるのだが、母の「ちゃんと食べているか、体は元気か、学校には行っているか」の繰り言で時間を食う。十円玉は次々と電話機の胴体に吸い込まれていく。

時には電報を使う。当時、ウナ電で40円。用紙には宛名欄があり、発信者欄があり、通信文欄は10文字×6行である。受け取る側の電報用紙は住所、文面ともにテレグラムで印字された紙が糊で貼られている。もちろん日本電信電話公社時代の話である。国鉄の小荷物が九州から中央線吉祥寺駅置き止めで900円。ちなみに吉祥寺に春木屋というメンズショップがあった。今もあるかどうか分らないが、当時バルキーセーターを買った領収書がやはり手紙の中に残されていた。4300円と記されている。今に換算して約3万円。マンシングのポロセーターが2800円である。衣類は今より昔のほうがずい分高かったようだ。

とにかくこの子が私の息子であれば、私はとうに勘当している。

中洲次郎
昭和23年、大分県中津市生まれ。
博報堂OB。書評&映画評家、コラムニスト、エッセイスト。
RKB毎日放送「今日感テレビ」コメンテーター。
近著「伊藤野枝と代準介」(矢野寛治・弦書房)
新刊『反戦映画からの声』(矢野寛治・弦書房)

関連するキーワード


ハットをかざして

最新の投稿


[2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったり!もらって嬉しいおすすめギフト12選

[2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったり!もらって嬉しいおすすめギフト12選

引越しの段取りの中で忘れてはいけない、引越し先のご近所さんへのご挨拶。より快適な新生活を送るためには、ご近所さんとの良好な関係は不可欠です。「これからよろしくお願いします」という想いを込めて、気の利いた粗品で新生活を始めましょう![2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったりのおすすめギフト12選をご紹介します。


[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方&おすすめ商品15選|お菓子・フルーツ・飲み物・など

[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方&おすすめ商品15選|お菓子・フルーツ・飲み物・など

大切な友人・知人、会社の先輩・同僚・部下が入院したと聞けば心配でお見舞いに駆け付けたいもの。そんな時に喜ばれるお見舞い品を、バリエーション豊かにご紹介!事前に相手の体調の状態やシチュエーションをリサーチし、ふさわしい手土産を準備しましょう。[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方とおすすめ商品15選をお届けします。


女性への2万円のプレゼントおすすめ13選【アクセサリーから家電まで】多彩に紹介!

女性への2万円のプレゼントおすすめ13選【アクセサリーから家電まで】多彩に紹介!

ステキな女性に贈りたい!予算2万円で購入できる、上質かつ高級感あふれるおすすめ商品をご紹介します。2万円という決して安くない予算をかけるプレゼントは、相手が心から喜んでくれる品を選びたいもの。女性へのプレゼント選びは相手の好みやライフスタイルに大きく左右されるため、簡単なことではありません。ここでは、アクセサリーやファッションアイテム・家電・日用品など女性向けのおすすめアイテムを多様なジャンルからご紹介します。人気ブランドの商品や日本製の高品質な商品を厳選したので、プレゼント選びの参考にしてくださいね。


予算5万円で贈る女性へのプレゼント11選!ブランドは何を選ぶ?海外・日本のブランドをご紹介

予算5万円で贈る女性へのプレゼント11選!ブランドは何を選ぶ?海外・日本のブランドをご紹介

5万円という予算をかけて女性へプレゼントを贈る時には、相手の好みにあわせた上質な商品を選びたいと思うもの。ただ価格が高ければいいというわけではないため、商品を選ぶのに迷ってしまうこともあるでしょう。ここでは、定番の海外ハイブランドの人気商品や、メイドインジャパンの上質さにこだわったブランド商品をご紹介します。海外ハイブランド・日本ブランド、どちらもそれぞれに魅力を持っていますが、プレゼントを贈る女性の好みにより合うものを選べば、きっと記憶に残る特別なギフトになりますよ。


[2024年版]50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメ12選|美容液やクリームなど喜ばれる品を厳選紹介

[2024年版]50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメ12選|美容液やクリームなど喜ばれる品を厳選紹介

50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメを12選ご紹介します。コスメはすでに気に入っているブランドやアイテムがある場合が多く、選ぶ際に悩む人も多いでしょう。本記事では、プレゼントしやすいクリームや口紅などを中心に50代女性にマッチするアイテムを厳選しました。50代の女性に贈るコスメの選び方についてもお伝えするので参考にしてくださいね。


発行元:株式会社西日本新聞社 ※西日本新聞社の企業情報はこちら