本サイトはプロモーションが含まれています。

ハットをかざして 第102話

ハットをかざして 第102話

中洲次郎=文 やましたやすよし=イラスト


昭和45年、留年することなく四年に上がった。皆は春休みに大阪万博を見に行ったと昂奮気味に話している。日本中のラジオやテレビから、三波春夫の♪こんにちは こんにちは 世界の国から♪が流れていたが、一向に興味は湧かず鬱々とした日々を過ごしていた。

父から突然、上京の知らせがあった。

幼馴染が、「M」という総合商社の繊維本部長常務をしていると云う。オマエの就職についてお願いすることにしたから、今度の日曜日に自宅を訪ねるとの事だった。マスコミに行きたいのが本音だったが、商社Mなら友にも肩身の狭い思いをすることもなく、心は動いた。

父とは尋常小学校までの同級生で名をHと云った。大分の中学(旧制)へ行き、神戸高商に進み、Mに入社したと聞いた。もともとは繊維が主力の商社とは聞いていたが、この頃は「糸」へん業種はすでに廃れはじめており、「金」へんも厳しい時代に入っていた。万博で景気を煽ってはいたが、いざなぎ景気も翳り始め、大学生の就職は理系はまだしも、文系は厳しい年だった。

当日、東京駅に父を迎えると、一張羅の灰色の背広を着て、紺の無地のネクタイをしていた。商売人だから、父のスーツ姿はあまり見たことはなく、黒の短靴は磨かれてはいたが深い皺が多く刻まれていた。父は手に三本の清酒と自然薯を10本ほど携えて降りてきた。慌てて清酒の荷を持った。
「西の関、八鹿、薫長、故郷の酒が珍しいと思ってな…」
「また山芋かい…」
「東京の人は喜ぶんだよ」

父は彼からの年賀状を持っていた。住所は板橋区四葉となっている。板橋駅に着き、交番で場所を尋ねると、歩くには遠いと云われる。タクシーに乗り、四葉に向かった。着いた辺りは緑多い閑静な高級住宅街で、Hの家はすぐに判明した。大きな平屋の方形の家で、塀は聚楽色、門柱から玄関までに前庭がしつらえてある。飛び石の左右に椿、沈丁花、楓が植えられ、楓の若葉が四月の風に気持ちよさそうにそよいでいる。門柱のインターホンを押そうとすると、父が待てと云う。
「約束より早くお邪魔するのは、先方にも都合があって慌てさせるといけないから…丁度もいかにも構えていたようで悪いから、3時を1、2分過ぎてからお邪魔しよう」私たちは門柱の石段前で15分ほど時間を潰すことにした。
「それにしても立派な家だなぁ…あいつも出世したもんだ…大したもんだ」

と、父はHの家を見上げて独り言ちている。今の我が身との差に一抹の淋しさがよぎっているようだった。

10分ぐらい待った頃、白衣を着た痩躯の初老の男性が横丁から現れ、私たちを怪訝そうに見つめながらインターホンを押した。
「あら、お待ちしてました、どうぞ」

の女性の声がし、彼は家の中へと招きこまれた。父と私は顔を見合わせた。

中洲次郎
昭和23年、大分県中津市生まれ。
博報堂OB。書評&映画評家、コラムニスト、エッセイスト。
RKB毎日放送「今日感テレビ」コメンテーター。
近著「伊藤野枝と代準介」(矢野寛治・弦書房)
新刊『反戦映画からの声』(矢野寛治・弦書房)

関連するキーワード


ハットをかざして

最新の投稿


[2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったり!もらって嬉しいおすすめギフト12選

[2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったり!もらって嬉しいおすすめギフト12選

引越しの段取りの中で忘れてはいけない、引越し先のご近所さんへのご挨拶。より快適な新生活を送るためには、ご近所さんとの良好な関係は不可欠です。「これからよろしくお願いします」という想いを込めて、気の利いた粗品で新生活を始めましょう![2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったりのおすすめギフト12選をご紹介します。


[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方&おすすめ商品15選|お菓子・フルーツ・飲み物・など

[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方&おすすめ商品15選|お菓子・フルーツ・飲み物・など

大切な友人・知人、会社の先輩・同僚・部下が入院したと聞けば心配でお見舞いに駆け付けたいもの。そんな時に喜ばれるお見舞い品を、バリエーション豊かにご紹介!事前に相手の体調の状態やシチュエーションをリサーチし、ふさわしい手土産を準備しましょう。[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方とおすすめ商品15選をお届けします。


女性への2万円のプレゼントおすすめ13選【アクセサリーから家電まで】多彩に紹介!

女性への2万円のプレゼントおすすめ13選【アクセサリーから家電まで】多彩に紹介!

ステキな女性に贈りたい!予算2万円で購入できる、上質かつ高級感あふれるおすすめ商品をご紹介します。2万円という決して安くない予算をかけるプレゼントは、相手が心から喜んでくれる品を選びたいもの。女性へのプレゼント選びは相手の好みやライフスタイルに大きく左右されるため、簡単なことではありません。ここでは、アクセサリーやファッションアイテム・家電・日用品など女性向けのおすすめアイテムを多様なジャンルからご紹介します。人気ブランドの商品や日本製の高品質な商品を厳選したので、プレゼント選びの参考にしてくださいね。


予算5万円で贈る女性へのプレゼント11選!ブランドは何を選ぶ?海外・日本のブランドをご紹介

予算5万円で贈る女性へのプレゼント11選!ブランドは何を選ぶ?海外・日本のブランドをご紹介

5万円という予算をかけて女性へプレゼントを贈る時には、相手の好みにあわせた上質な商品を選びたいと思うもの。ただ価格が高ければいいというわけではないため、商品を選ぶのに迷ってしまうこともあるでしょう。ここでは、定番の海外ハイブランドの人気商品や、メイドインジャパンの上質さにこだわったブランド商品をご紹介します。海外ハイブランド・日本ブランド、どちらもそれぞれに魅力を持っていますが、プレゼントを贈る女性の好みにより合うものを選べば、きっと記憶に残る特別なギフトになりますよ。


[2024年版]50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメ12選|美容液やクリームなど喜ばれる品を厳選紹介

[2024年版]50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメ12選|美容液やクリームなど喜ばれる品を厳選紹介

50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメを12選ご紹介します。コスメはすでに気に入っているブランドやアイテムがある場合が多く、選ぶ際に悩む人も多いでしょう。本記事では、プレゼントしやすいクリームや口紅などを中心に50代女性にマッチするアイテムを厳選しました。50代の女性に贈るコスメの選び方についてもお伝えするので参考にしてくださいね。


発行元:株式会社西日本新聞社 ※西日本新聞社の企業情報はこちら