本サイトはプロモーションが含まれています。

福岡麺人生69杯目・元祖の味を守り抜く 辛麺本舗さやか

福岡麺人生69杯目・元祖の味を守り抜く 辛麺本舗さやか


「辛麺本舗さやか」
宮崎県延岡市川原崎町175-1
午前11時半〜午後2時半、午後6時〜午後8時半 火曜定休
辛麺(中辛)930円

 20年近く前だろうか。初めて「宮崎辛麺」を食べたのは福岡・中洲にある「辛麺屋桝元」だった。当時から人気はあった(今も営業しています)が、夜のみの営業で「知る人ぞ知る」存在だったのは否めない。

 近年、その辛麺がブームとなっている。全国各地で宮崎辛麺を掲げる店がオープンし、路面店やフードコートで食べられる「身近な存在」になった。発祥の地は宮崎県延岡市。今回紹介する「辛麺本舗さやか」は、その元祖として知られている。

 メニューを見ると、小辛、中辛、大辛、そして特辛、激辛まで選べる。中辛を注文してしばし待つと、大ぶりな丼が運ばれてきた。唐辛子が浮いた赤いスープに黄色の溶き卵、緑のニラが映える。まず一口。印象は「うまみがあって、思ったほど辛くない」である。

 感想を伝えると、店主の藤田紀佳さん(51)は「韓国産の唐辛子だからでしょう。父と母のこだわりでした」と話した。藤田さんの両親、原田武明さん(故人)と延子さん(78)こそが宮崎辛麺の生みの親なのだ。

「発祥の味を食べに来てください」と藤田紀佳さん

 誕生のきっかけも教えてくれた。2人は1984年に延岡市の中心部で小料理屋「桝元」を開いた。和食の店だったらしいが、3年ほどたった頃に裏メニューを考案。その一品こそが辛麺だったいうわけだ。

「参考にしたのは川崎で行きつけだったお店の麺料理です」。

 藤田さんは子どもの頃、神奈川県川崎市に10年ほど住んだ時期があった。当時、両親が好きだったのが「元祖ニュータンタンメン本舗」の名物メニューだった。川崎のソウルフードでもあるタンタンメンは唐辛子の赤に染まった鶏がらスープで、溶き卵が載る。確かにルックスは似通っている。ただ、麺が違う。

 スープの中から麺をつまみ上げてみた。すると中華麺ではなく、透明感を残した麺が姿を現す。「こんにゃく麺です」と藤田さん。といっても、こんにゃくを使っているわけではなく、そば粉を使う。韓国冷麺のような弾力があり、あっさりでツルっと胃に収まった。韓国産唐辛子に、韓国冷麺のような麺…。川崎にはコリアンタウンがあったため、身近な食材でもあったそうだ。

 裏メニューは口コミで広がり、看板メニューになった。藤田さんは18歳から手伝い、自身も繁華街に桝元中央店を開いて独立している。

 その後も勢いは止まらない。直営やフランチャイズで店舗を広げる(中洲の店もその頃からという)。しかし急速な拡大によって経営は悪化。2002年に会社売却にまで追い込まれた。

「その時、両親の本町店と私の店だけは売らずに、『桝元』の名前のままで営業を続けたんです」

 売却先の企業(現在の株式会社桝元)は積極的な展開で辛麺ブームを主導することになる。一方の藤田さんは17年、中央店を現在の場所に移転する際に屋号を「辛麺本舗さやか」にした。20年には延子さんの年齢のこともあり本町店を手放した。

 ただ、店名は変わっても、源流につながる味は、地元客や県外客たちをひきつける。「本場の辛麺を食べに来てもらうことで、延岡への恩返しになれば」。

 川崎から始まり、延岡で花開いた味は、辛苦も乗り越えて受け継がれてきた。大きな丼にはさまざまな思いと歴史が詰まっている。

文・写真小川祥平

1977年生まれ。「のぼろ編集部」編集長。
著書に「ラーメン記者、九州をすする!」。「CROSS FM URBAN DUSK」内で月1回ラーメンと音楽を語っている。

ツイッターは@figment2K

関連するキーワード


福岡麺人生

最新の投稿


[2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったり!もらって嬉しいおすすめギフト12選

[2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったり!もらって嬉しいおすすめギフト12選

引越しの段取りの中で忘れてはいけない、引越し先のご近所さんへのご挨拶。より快適な新生活を送るためには、ご近所さんとの良好な関係は不可欠です。「これからよろしくお願いします」という想いを込めて、気の利いた粗品で新生活を始めましょう![2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったりのおすすめギフト12選をご紹介します。


[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方&おすすめ商品15選|お菓子・フルーツ・飲み物・など

[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方&おすすめ商品15選|お菓子・フルーツ・飲み物・など

大切な友人・知人、会社の先輩・同僚・部下が入院したと聞けば心配でお見舞いに駆け付けたいもの。そんな時に喜ばれるお見舞い品を、バリエーション豊かにご紹介!事前に相手の体調の状態やシチュエーションをリサーチし、ふさわしい手土産を準備しましょう。[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方とおすすめ商品15選をお届けします。


女性への2万円のプレゼントおすすめ13選【アクセサリーから家電まで】多彩に紹介!

女性への2万円のプレゼントおすすめ13選【アクセサリーから家電まで】多彩に紹介!

ステキな女性に贈りたい!予算2万円で購入できる、上質かつ高級感あふれるおすすめ商品をご紹介します。2万円という決して安くない予算をかけるプレゼントは、相手が心から喜んでくれる品を選びたいもの。女性へのプレゼント選びは相手の好みやライフスタイルに大きく左右されるため、簡単なことではありません。ここでは、アクセサリーやファッションアイテム・家電・日用品など女性向けのおすすめアイテムを多様なジャンルからご紹介します。人気ブランドの商品や日本製の高品質な商品を厳選したので、プレゼント選びの参考にしてくださいね。


予算5万円で贈る女性へのプレゼント11選!ブランドは何を選ぶ?海外・日本のブランドをご紹介

予算5万円で贈る女性へのプレゼント11選!ブランドは何を選ぶ?海外・日本のブランドをご紹介

5万円という予算をかけて女性へプレゼントを贈る時には、相手の好みにあわせた上質な商品を選びたいと思うもの。ただ価格が高ければいいというわけではないため、商品を選ぶのに迷ってしまうこともあるでしょう。ここでは、定番の海外ハイブランドの人気商品や、メイドインジャパンの上質さにこだわったブランド商品をご紹介します。海外ハイブランド・日本ブランド、どちらもそれぞれに魅力を持っていますが、プレゼントを贈る女性の好みにより合うものを選べば、きっと記憶に残る特別なギフトになりますよ。


[2024年版]50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメ12選|美容液やクリームなど喜ばれる品を厳選紹介

[2024年版]50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメ12選|美容液やクリームなど喜ばれる品を厳選紹介

50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメを12選ご紹介します。コスメはすでに気に入っているブランドやアイテムがある場合が多く、選ぶ際に悩む人も多いでしょう。本記事では、プレゼントしやすいクリームや口紅などを中心に50代女性にマッチするアイテムを厳選しました。50代の女性に贈るコスメの選び方についてもお伝えするので参考にしてくださいね。


発行元:株式会社西日本新聞社 ※西日本新聞社の企業情報はこちら