本サイトはプロモーションが含まれています。

岡ちゃんのきまぐれ散歩術 1

岡ちゃんのきまぐれ散歩術 1


路地裏の散歩者になったぜ!

 65歳は高齢者の範疇に入るらしいが、自分はそんな気がさらさらしていない。むしろ、会社という組織の呪縛から逃れ、背負っていた重い荷物を降ろして気楽な学生気分で過ごしている。一方で、同年輩の読者なら分かるだろうが物価高の影響で年金だけでは生活できない。孫におもちゃを買ったり友人たちと居酒屋で安酒を酌み交わしたりするためにはパートで働く必要があるし、実際に働いている。私のようなシニア(今後もあえて高齢者とか年寄りとは表記しない)ならわかってもらえるだろう。

 そんな時だった。3人の息子たちからアップルウオッチをプレゼントされた。長年、安価で誤差がほとんどない国産の腕時計を身につけてきた。それだけに心拍数をはじめ「ヘイ、シリ」と時計に向かってつぶやけば色んなアプリが使え、指導までしてくれる。しかも、セシウム原子時計などを搭載した地球軌道上のGPSと正確に時刻同期をしている。時計機能の誤差は30万年に1秒以下しか生じないそうだ。

 アップルウオッチの機能に驚いていても仕方がない、閑話休題。プレゼントを生かすためにほぼ毎日、散歩の記録をスマートフォンのアプリに残すようになった。実はアプリを起動しなくても、少し長く散歩していると時計が振動し「いま、ワークアウト(トレーニング)中ですか?」と聞いてくる。シニアになり、何もすることがなくなったらどうしようなどと考えていたのが杞憂に終わった。時計にせかされ何かと忙しい日々を送っている。

 毎日散歩していると、まず道端のゴミが気になるようになった。自分の足の運びも気になる。繁華街を歩けば安そうな居酒屋も目に付く。何より飲酒歩行をしても、よほど周りに迷惑をかけなければ法に触れない。角打ちに飛び込んで少々酔って帰ってもカミさんには叱られまいとも考える。

 散歩の効用として、長い距離を歩いていると色んな思いが脳裏をよぎることにも気がついた。路地裏で思いついたアイデアや考えを歩くたびに捨て去るのはもったいないと感じていた時に、ぐらんざ編集長から「隔月でいいからコラムにしませんか」とオファーをいただいた。江戸川乱歩の「屋根裏の散歩者」ならぬ「路地裏の散歩者」として、きまぐれ散歩術欄に様々な情報を発信していきたい。

文・写真 岡ちゃん
ぐらんざ世代の代弁者としてnoteなどで発信。
代筆屋業も開業しスピーチ原稿などの執筆や情報誌編集長としても奮闘中。

関連するキーワード


岡ちゃんのきまぐれ散歩術

最新の投稿


「ぐらんざ7月号」記事内容の誤りに関するお詫びと訂正

「ぐらんざ7月号」記事内容の誤りに関するお詫びと訂正

「ぐらんざ7月号」の17ページに掲載しているコラム「岡ちゃんの気まぐれ散歩術」の内容に誤りがありました。 コラム内で朝倉郡筑前町立大刀洗平和祈念館に展示されている「局地戦闘機『震電』の実物大レプリカ」をご紹介しておりますが、文章中に「まもなく展示が終了する」という誤った記載がありました。「震電」は常設で、現在のところ展示終了の予定はありません。 読者の皆様および関係者の皆様には大変ご迷惑をお掛けしました。お詫びして訂正いたします。


[2024年版]50代の女性に贈るおすすめの日焼け止め・化粧下地10選|メイクに使えるプチプラ・デパコスアイテムを厳選紹介

[2024年版]50代の女性に贈るおすすめの日焼け止め・化粧下地10選|メイクに使えるプチプラ・デパコスアイテムを厳選紹介

50代の女性にギフトとして化粧品を贈る際は、日焼け止めや化粧下地がおすすめです。一般的に化粧品は女性の好みが強く反映されるアイテムのため、好みを知らないままプレゼントするのは難しいもの。日焼け止めや化粧下地であれば、上に使うコスメで自分好みのメイクに仕上げられるので、プレゼントしやすいですよ。50代の女性に贈る日焼け止めと化粧下地をそれぞれ5商品ずつご紹介するので参考にしてくださいね。


ぐらんざ2024年7月号プレゼント

ぐらんざ2024年7月号プレゼント

応募締め切り:2024年7月12日(金)



今月のシネマ

今月のシネマ


発行元:株式会社西日本新聞社 ※西日本新聞社の企業情報はこちら