おとなの風物詩 農村文化残る山都町

おとなの風物詩 農村文化残る山都町


熊本県山都町

農村文化残る山都町

清和文楽

郷土芸能として受け継がれている農村芸能であり、豊作の願いや感謝の思いを込めながら上演されていた清和文楽。現在は「清和文楽館」をはじめ、海外公演を含め全国各地で公演を行い、多くの人々に楽しまれている。

二瀬本夜渡神楽

宮崎県高千穂に近く、神楽も盛んな山都町。二瀬本神社で行われている「二瀬本夜渡神楽」は、1月下旬の夕方から翌朝まで夜を徹し、幻想的な世界に包まれながら33座の舞が奉納されていた。現在は時間を短縮して行われている。


友野美保子=写真
photo:Mihoko Tomono
■岡田セミナー会員
熊本県の松橋から東へ。山都町の野尻地区は知られざる米の名産地。
寿司米として使われることが多く、東京や大阪に出荷されているそう。

村山小夜子=俳句
haiku:Sayoko Murayama
■福岡蕗句会会員
一年で一番良い時期だと思います。黄金色の稲穂の道を散歩したいものです。

関連するキーワード


おとなの風物詩

最近話題のキーワード

ぐらんざで話題のキーワード


プレゼント ぐらんざ人