本サイトはプロモーションが含まれています。

ハットをかざして 第71話 

ハットをかざして 第71話 

中洲次郎=文 やましたやすよし=イラスト


雲の上の麻布台

私の行った大学は三菱大学と呼ばれていた。
44年前、すでにマイカー通学の者が多く、ほとんどが三菱の車だった。それ以外といえば、多くが外車だった。シボレー、アルファロメオ、ジャグワー、フォルクスワーゲン、BMW、お尻のさがったシトロエンが多かった。おおむね三菱グループの大幹部の息子たちで、国産は本家の子に多く、外車は権妻の子たちに多かった。

多くは付属から上がってきた者たちで、我々地方上京組とは髪型も服装も雲泥の差、「お坊ちゃん」と云う感じで小じゃれていた。

有名作家の子たちもいて、「チャタレイ夫人裁判」で有名なS・Iの子や、日本の自然主義文学の泰斗T・Sの孫や、経団連会長の息子等もいた。

地方上京組が遊ぶのは主に吉祥寺か新宿であるが、彼らは霞町や龍土町であった。今、この地名はない。いわゆで気品があった。彼らは車を店の前に止めて、自分の車を見ながらお茶をする。まるでフランス映画の世界だ。六本木に出て、「ニコラス」のピザを食べ、時には「ハンバーガー・イン」でホットドッグを食べる。夜になれば、「マックスホール」と云うJAZZライブの店でバーボンを飲む。時々、笠井紀美子が唄っていた。

仲間のTが家が近いから寄っていけと云う。

麻布台の豪邸で、門柱から玄関までがロータリーになっている。玄関のたたきは六畳ほどの広さがあり、廊下は一間の幅があった。彼の部屋は渡り廊下を行った離れのような洋間で、ソファーは糊の利いた白いカバーで包まれていた。彼は部屋を出て行き、すぐにオールドパーとジョニーウォーカー黒の新瓶を抱えて戻ってきた。若いお手伝いさんがグラスと氷と水と、生ハムとアスパラガスをカートで運んで来た。我々仕送りで生きている学生は、サントリーのレッドを飲むのが精一杯で、時に髭のニッカか、サントリーホワイトの時代である。いつか世に出て偉くなったら、サントリーオールドを飲みたいとも思っていた。今でこそパーもジョニ黒も安い酒になってしまったが、当時はとんでもない高級な酒で、学生の分際で飲めるような代物ではなかった。

「夏休みはどうするの?」 「九州へ帰る」
「いいなぁ、九州か、行ってみたいな」
「君は?」「ドイツへ行く、父の知り合いの貴族の家に。敷地の中に馬場がある、馬術の稽古をしてくるよ」
と自然に言った。

威張るとか、見栄を張るとか、そんな風情はない。Tは当たり前の夏休みを言っただけである。よって当方も、嫉妬とか負けん気とか一切生まれず、ただあまりに雲の上すぎて適わないと思っただけである。東京の学校に来てよかったことは、このとんでもない身分の連中に会えたことである。その暮らしを目のあたりにしたことである。

ゲストルームもあるから泊まっていけと云われたが、さわやかな気持ちで辞去した。坂を下り、都電に乗った。満月が出ていた。

中洲次郎
昭和23年、大分県中津市生まれ。
博報堂OB。書評&映画評家、コラムニスト、エッセイスト。
RKB毎日放送「今日感テレビ」コメンテーター。
近著「伊藤野枝と代準介」(矢野寛治・弦書房)
新刊『反戦映画からの声』(矢野寛治・弦書房)

関連するキーワード


ハットをかざして

最新の投稿


[2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったり!もらって嬉しいおすすめギフト12選

[2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったり!もらって嬉しいおすすめギフト12選

引越しの段取りの中で忘れてはいけない、引越し先のご近所さんへのご挨拶。より快適な新生活を送るためには、ご近所さんとの良好な関係は不可欠です。「これからよろしくお願いします」という想いを込めて、気の利いた粗品で新生活を始めましょう![2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったりのおすすめギフト12選をご紹介します。


[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方&おすすめ商品15選|お菓子・フルーツ・飲み物・など

[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方&おすすめ商品15選|お菓子・フルーツ・飲み物・など

大切な友人・知人、会社の先輩・同僚・部下が入院したと聞けば心配でお見舞いに駆け付けたいもの。そんな時に喜ばれるお見舞い品を、バリエーション豊かにご紹介!事前に相手の体調の状態やシチュエーションをリサーチし、ふさわしい手土産を準備しましょう。[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方とおすすめ商品15選をお届けします。


女性への2万円のプレゼントおすすめ13選【アクセサリーから家電まで】多彩に紹介!

女性への2万円のプレゼントおすすめ13選【アクセサリーから家電まで】多彩に紹介!

ステキな女性に贈りたい!予算2万円で購入できる、上質かつ高級感あふれるおすすめ商品をご紹介します。2万円という決して安くない予算をかけるプレゼントは、相手が心から喜んでくれる品を選びたいもの。女性へのプレゼント選びは相手の好みやライフスタイルに大きく左右されるため、簡単なことではありません。ここでは、アクセサリーやファッションアイテム・家電・日用品など女性向けのおすすめアイテムを多様なジャンルからご紹介します。人気ブランドの商品や日本製の高品質な商品を厳選したので、プレゼント選びの参考にしてくださいね。


予算5万円で贈る女性へのプレゼント11選!ブランドは何を選ぶ?海外・日本のブランドをご紹介

予算5万円で贈る女性へのプレゼント11選!ブランドは何を選ぶ?海外・日本のブランドをご紹介

5万円という予算をかけて女性へプレゼントを贈る時には、相手の好みにあわせた上質な商品を選びたいと思うもの。ただ価格が高ければいいというわけではないため、商品を選ぶのに迷ってしまうこともあるでしょう。ここでは、定番の海外ハイブランドの人気商品や、メイドインジャパンの上質さにこだわったブランド商品をご紹介します。海外ハイブランド・日本ブランド、どちらもそれぞれに魅力を持っていますが、プレゼントを贈る女性の好みにより合うものを選べば、きっと記憶に残る特別なギフトになりますよ。


[2024年版]50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメ12選|美容液やクリームなど喜ばれる品を厳選紹介

[2024年版]50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメ12選|美容液やクリームなど喜ばれる品を厳選紹介

50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメを12選ご紹介します。コスメはすでに気に入っているブランドやアイテムがある場合が多く、選ぶ際に悩む人も多いでしょう。本記事では、プレゼントしやすいクリームや口紅などを中心に50代女性にマッチするアイテムを厳選しました。50代の女性に贈るコスメの選び方についてもお伝えするので参考にしてくださいね。


発行元:株式会社西日本新聞社 ※西日本新聞社の企業情報はこちら