本サイトはプロモーションが含まれています。

長谷川法世のはかた宣言65・勉強記

長谷川法世のはかた宣言65・勉強記


貞観11年の博多湾おさがわせ海賊事件※1について、知りたいことは最小限、ふたつ。

⑴運脚※2の姿
⑵盗まれた豊前国の絹綿の量

前々回、運脚の姿を想像して、背負子で荷を運ぶイラストを描いた。山小屋に荷を運ぶ強力なんかを思いおこして描いたのだけれど、もうひとつ参考にしたのが、英国婦人イザベラ・バードの本、『日本奥地紀行※3』。明治11年、横浜から北海道まで、従者兼通訳の伊藤(18歳)だけをつれた、47歳の外国人女性の日本旅行記だ。

その中に、運脚ってこんなかなとおもう背負子の描写がある。時代がとっても離れているが、とりあえずご紹介。

「人夫は、一人で約五〇ポンド運ぶ」

これはバードが山形県の山間部を旅したときのことだ。50ポンドは約22.7㎏※4だから、ちょっと軽い気もする。

「これら荷物を運ぶ人たちは、編んだ藁の厚い当て物を背中に着込んでいた。梯子をその上にのせてあり、その下端は橇のすべりのように反り上がっている。この上に荷物をていねいに積み込み、腰の下から頭上かなりの高さにまで至る。その上を油紙でおおい、紐でしっかり結び、蓆をかぶせる」

梯子というのは「背負子」のことだろう。二宮金次郎が背負っているあれだ。手持ちの辞典類※5と見出し語を、古い順にならべてみる。

①しょいこ(背負子)=『大辭典』(S11)上下各3.2㎏
②しょいばしご(背負梯子)=『民俗学辞典』※6(S26)
③せおいばしご(背負梯子)=世界大百科事典(S47)1.6㎏
④せおいばしご(背負梯子)=『図説民俗探訪事典』(S58)
⑤しょいこ(背負い子)=大辞林(H7二版)3㎏
⑥しょいこ・せおいばしご(背負子・背負梯子)=広辞苑(H20)
⑦しょいこ(背負い子)=明鏡国語辞典(H14~H20)
⑧せおいばしご(背負いばしご)=ブリタニカ国際大百科事典(H20)。

以上、見出し語が「しょいばしご」なのは、民俗学辞典だけ。③は、見出し語は「せおいばしご」だけれど、別名〈しょいばしご〉(関東地方)と解説する。⑤大辞林は別名を「背負い梯子ばしご」とかく。「背負い」はどうよむのかわからない。

不思議でしょ、しょいばしごと、せおいばしご。②のほかは見出し語「背負い梯子」がすべて、「せおいばしご」となっているじゃないすか。②「しょいばしご」の『民俗学辞典』は、解説の参考資料に、柳田国男「村と学童」(昭20)をあげている。そもそも柳田先生は日本民俗学の樹立者だ。この辞典の著作権者は、先生が創始した日本民俗学会なのだ。その権威が背負い梯子を「しょいばしご」とかくのに、③以下がすべて「せおいばしご」ってのはどうしてなんだろう。って、背負い梯子の読み方がテーマじゃなかったんだ。

こないだ、「尋章摘句」ということばを知った。章を尋ね句をつかむ。えっと、木を見て森を見ずと同じ、細かいことばっかこだわって全体がおろそかになるということ、ですと。自戒。
もう一つのテーマ、⑵盗まれた豊前国の絹綿の量も知りたいけど、そのまえに書きたいことがあるんだな。次号は博多山笠、追い山の話を。

*1)海賊事件…貞観11年5月22日(日本三代実録)

*2)運脚…税物を都まで運ぶ力役。

*3)『日本奥地紀行』…イザベラ・バード:高梨健吉訳:平凡社ライブラリー209頁~。1878年(M11)、東京から北海道まで旅した紀行文。このあと5回ほど来日。

*4)約22.7㎏…1ポンド=約453.6g。同じ山道を「商人たちは、実際に九〇ポンドから一四〇ポンド、あるいはそれ以上も運」ぶ。目は飛び出しそうで、虫を追い払えないから、食われた傷口から血がしたたり落ち、裸の体中に血と汗が文字どおり流れていた。かれらは家族のため真面目に生きているのだ、と書いている。女性は七〇ポンド担いでいたとも。

*5)手持ちの辞典類…手持ちで一番古い『言海』(S6)は、旧仮名が難しい(せうばい=商売など)。延べ10時間調べて見つからない。チベット語の字引きと同じだ。

*6)民俗学辞典…民俗学研究所編著:東京堂

関連するキーワード


長谷川法世のはかた宣言

最新の投稿


[2024年版]50代の女性が喜ぶ誕生日プレゼント13選!予算3000円~5000円で贈るセンスのいいアイテムを厳選紹介

[2024年版]50代の女性が喜ぶ誕生日プレゼント13選!予算3000円~5000円で贈るセンスのいいアイテムを厳選紹介

50代の女性が喜ぶ誕生日プレゼントを13選ご紹介します。予算3000円~5000円で贈るセンスのいいアイテムを美容やファッション、スイーツなどのなかから厳選しました。充実した日々を過ごす50代の女性も気に入るワンランク上の上質なアイテムを見つけてくださいね。


【韓国コスメ】高級ラインのアイテム5選&エイジングケアアイテム5選|大人の女性におすすめの品を厳選紹介

【韓国コスメ】高級ラインのアイテム5選&エイジングケアアイテム5選|大人の女性におすすめの品を厳選紹介

韓国コスメでおすすめの高級ラインのアイテムとエイジングケアアイテムをそれぞれご紹介します。韓国コスメは、低価格が魅力ですが、大人の女性が使いたい高級ラインも豊富。また加齢による肌悩み向けのエイジングケアアイテムも人気です。本記事では、40代や50代の大人向けの韓国コスメを厳選。アイテムの選び方もお伝えするので参考にしてくださいね。


オーダーメイドのプレゼントアイテム16選|一生の思い出になる贈り物!

オーダーメイドのプレゼントアイテム16選|一生の思い出になる贈り物!

誕生日や記念日のプレゼントにオーダーメイドのアイテムが人気です。カラーやデザイン、名入れ、メッセージ付きなどカスタマイズできるのが魅力。写真や似顔絵などの定番からファッションアイテム、革小物などさまざまなアイテムをご紹介します。一生の思い出に残る素敵なオーダーメイドギフトを贈って相手を感動させましょう。


お中元に贈りたいアイスおすすめ12選!人気ブランド&アレルギーの方でも食べられるおいしいギフト

お中元に贈りたいアイスおすすめ12選!人気ブランド&アレルギーの方でも食べられるおいしいギフト

日頃からお世話になっている方々に感謝の気持ちを込めて贈るお中元。猛暑が続く中でもらってうれしいのがアイスクリーム。アイスクリームはお中元で人気のギフトです。気軽に買うことができない高級なブランドのアイスクリームや北海道などの牧場で作られた極上ジェラートなど自宅で楽しめたらうれしいですよね。今回はお中元に贈りたいアイスクリームのおすすめをご紹介します。ぜひ、参考にして大切な方に贈ってくださいね。


【お中元・お歳暮】明太子ギフト|福岡の地元新聞社員おすすめ明太子10選

【お中元・お歳暮】明太子ギフト|福岡の地元新聞社員おすすめ明太子10選

お中元・お歳暮に何を贈ろうか毎度悩む方も多いのではないでしょうか。ギフトには、そのまま食べても良し・料理にしても良しと使い勝手が良い明太子がおすすめ。明太子と言えば「福岡」。その福岡の地元新聞社[西日本新聞社]の社員がおすすめする人気の明太子を10個ご紹介していきます!


発行元:株式会社西日本新聞社 ※西日本新聞社の企業情報はこちら