本サイトはプロモーションが含まれています。

【ぐらんざ人】俳優 神木隆之介(かみきりゅうのすけ)

【ぐらんざ人】俳優 神木隆之介(かみきりゅうのすけ)


Ⓒ2023 映画『大名倒産』製作委員会

映画「大名倒産」
6月23日(金)よりユナイテッド・シネマキャナルシティ13、福岡中洲大洋、イオンシネマ戸畑、小倉コロナシネマワールド、T・ジョイ久留米 ほかにて公開

浅田次郎原作のコメディ時代劇

 ベストセラー作家・浅田次郎の笑いあり涙ありの痛快なストーリ―で話題となった「大名倒産」が映画化されました。

 鮭売りの小四郎は、ある日突然、徳川家康の子孫だと告げられ、越後・丹生山藩の若殿に。シンデレラストーリーかと思ったのもつかの間、実は25万両(現在の価値で約100億円)の借金を抱えるビンボー藩でした。しかも借金を返済しなければ、責任を取って切腹しなければならないといういきなりのピンチに。借金返済に向けてみんなで奮闘する主人公・松平小四郎を演じたのは神木隆之介さん。

「ただ返済していくだけでなく、現代にもつながるような知恵や節約術、登場人物たちの思惑が描かれています。小四郎はひたすら優しく相手に寄り添うことができる人物。その優しさの表現の仕方は各場面のリハーサルで確認しながら演じていきました。また江戸時代の設定ながら『やべー』とか『マジかよ』などの現代の言葉も出てきて、設定にとらわれない展開となっています」

絶望的な状況でも楽しく乗り越える

 特に笑ったのは、共演歴のある杉咲花さん演じる幼なじみのさよとの息のあった場面だそうです。

「さよと一緒に悪者から逃げる場面で、橋の上で追い詰められてしまうのですが、その時に彼らがナイフを舐める場面です(笑)。ナイフを舐めるって、現実では無いじゃないですか。僕は見た事がなかったので「いや初めて見た!ナイフ舐めてるの初めて見た!」って突っ込んでしまって。その後さよが『汚い!』って(笑)。テンポも良かったですし、すごく好きですね。マイナスな感情を抱く事がなく、絶望的な状況でも楽しく乗り越えていくようなことを象徴する場面だと思います」

今を精一杯頑張れば良かったと思う日は必ず来る

「『まあ、何とかなるよ』という事を伝えられたらいいなと思います。僕は努力や経験はその人がその瞬間でしか感じられないすごく貴重なものと思っています。息苦しかったり、いつ良くなるんだろう、今より良くなるんだろうか?という事もあると思います。僕自身もそう思います。だけど何とか今を精一杯頑張って、踏ん張る事ができたら、その先に良かったって思う日は必ず来ると思います。だから大変な時こそ楽しく『もうちょっと耐えてみようかな』と思ってくれたらいいなと思います。監督がこの作品をエールだっておっしゃったように、僕もそれを皆さんに伝えたい。こんな事を言っていますけど、自分にも言い聞かせるつもりでも言っています(笑)」

 途方もない借金を抱えた絶体絶命のピンチから奇跡の大逆転。コミカルな遊びが散りばめられたエンターテインメント時代劇です。

関連するキーワード


ぐらんざ人

最新の投稿


ぐらんざ2024年8月号プレゼント

ぐらんざ2024年8月号プレゼント

応募締め切り:2024年8月14日(水)



【オーエン×ぐらんざ】知っておきたい相続の手続き 4月から相続登記の申請が義務化 3年以内に行わないと過料

【オーエン×ぐらんざ】知っておきたい相続の手続き 4月から相続登記の申請が義務化 3年以内に行わないと過料

あなたの資産形成を応援するマネー情報コーナー。豊かな老後のため「資産づくりを始めたい」。オーエンは、そう考える方を応援する新しいスタイルのマネー情報コーナーです。




発行元:株式会社西日本新聞社 ※西日本新聞社の企業情報はこちら