本サイトはプロモーションが含まれています。

長谷川法世のはかた宣言13・苗字

長谷川法世のはかた宣言13・苗字


苗字って庶民にはなかったものと思っていました。だから承天寺開山の聖一国師が、お饅頭の製法を茶店の主人栗波吉右衛門に伝授したという話には、なんで茶店の主人に苗字があるんかいなと思っておりました。

ところが、櫛田神社の歴史資料館に展示されている能舞台の棟木には、町人の苗字がしっかり書かれているんです。ふるさと館の学芸員に教わったんですが、あの川上音二郎の祖父の名が、「川上弥作茂満」と書かれています。川上?茂満?何だこれは!?

棟札の日付は、明暦2年(1656)閏4月吉祥日で、4代将軍家綱のころ。「奉造立櫛田宮舞台一室 大檀那国主筑前守松平光之公 社頭安全津内繁昌諸使楽祈處」と、書かれています。光之公は3代目藩主で当然黒田氏ですが、松平の名を徳川家からもらったんですね。外様大名でも10家余りが徳川氏の本姓である松平氏をもらっています。

棟木には下のほうに、嘉永元年(1848)5月に再建として、世話人の博多町人14人のなまえが列記してあります。全員、「姓名*」が書かれているんです。年行司示談役伊藤久右衛門陳義・年行司瀬戸喜助義寛・嶋井善兵衛茂軌のほか、年寄・前年寄が11人です。年寄の一人が「対馬小路中・年寄・川上弥作茂満」なんです。

こりゃどうしたことかと思って、一夕一献をともにした西南大の宮崎教授に失礼ながらメールで質問したところ、「お答えします」と厳かな返信がありました。次のとおりです。

「『川上弥作 茂満』は、『弥作』が『通り名』で、基本的に代々受け継がれていく名前、『茂満』が『諱(いみな)』だと思います。よって、棟札には、『通り名』と『諱』が併記されています。このように名前をいくつももっていることは、江戸では一般的で、明治になって名は一つだけになりました。また、苗字についてはだいたいもっているでしょう。『公的**』に名乗るときは藩の許可が必要で、献金して苗字を名乗ることを許された町人・農民は江戸の終わりになるに従い増加します。苗字をもっていても、公的に(例えば藩へ提出する書類など)苗字をつけることはできせんが、私的な棟札では問題ありませんので、藩からの許可がなくても、苗字を名乗った可能性があります」

そ、そうだったんですね。辞典など急遽調べてみたら、農民や町人も童名から成人名にかえ、また、お寺から法名をもらったりしたそうです。明治になって苗字を名乗ってもいいよってのは、新政府の四民平等寛大な措置だと思っていたら、なんかちがうようです。ひとり一生一名でとおせってことなんですね。これには税金の個別割り増し徴収や徴兵人員把握などの目的があったようです。

博多を知ろうとすると、なんやかやの基礎知識不足を痛感。勉強だ、僕は勉強するぞ、と下駄を履いて表へ駆け出したくなります。

*姓名…姓(かばね)と氏(うじ)ってわかりにくいです。姓は地位を表す名まえ、氏は血縁を表す名まえ。「氏より姓」といいますが、地位がわかるからなんですね。ゆずよりかぼす…ってギャグってる場合ではないですね。本文では「氏名」と書くのが今風ですが、昔は「うじな」と読むのであえて姓名と書きました。町人には基本的に姓はなくて、苗字+実名=氏名だと思います。そっか、教授に聞けばいいんだ。
**公的…櫛田神社所蔵の「博多店運上帳」には、紺屋弥作と書いてあって、苗字は書かれていない。

関連するキーワード


長谷川法世のはかた宣言

最新の投稿


[2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったり!もらって嬉しいおすすめギフト12選

[2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったり!もらって嬉しいおすすめギフト12選

引越しの段取りの中で忘れてはいけない、引越し先のご近所さんへのご挨拶。より快適な新生活を送るためには、ご近所さんとの良好な関係は不可欠です。「これからよろしくお願いします」という想いを込めて、気の利いた粗品で新生活を始めましょう![2024年版]引越し挨拶の粗品にぴったりのおすすめギフト12選をご紹介します。


[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方&おすすめ商品15選|お菓子・フルーツ・飲み物・など

[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方&おすすめ商品15選|お菓子・フルーツ・飲み物・など

大切な友人・知人、会社の先輩・同僚・部下が入院したと聞けば心配でお見舞いに駆け付けたいもの。そんな時に喜ばれるお見舞い品を、バリエーション豊かにご紹介!事前に相手の体調の状態やシチュエーションをリサーチし、ふさわしい手土産を準備しましょう。[2024年版]喜ばれるお見舞い品の選び方とおすすめ商品15選をお届けします。


女性への2万円のプレゼントおすすめ13選【アクセサリーから家電まで】多彩に紹介!

女性への2万円のプレゼントおすすめ13選【アクセサリーから家電まで】多彩に紹介!

ステキな女性に贈りたい!予算2万円で購入できる、上質かつ高級感あふれるおすすめ商品をご紹介します。2万円という決して安くない予算をかけるプレゼントは、相手が心から喜んでくれる品を選びたいもの。女性へのプレゼント選びは相手の好みやライフスタイルに大きく左右されるため、簡単なことではありません。ここでは、アクセサリーやファッションアイテム・家電・日用品など女性向けのおすすめアイテムを多様なジャンルからご紹介します。人気ブランドの商品や日本製の高品質な商品を厳選したので、プレゼント選びの参考にしてくださいね。


予算5万円で贈る女性へのプレゼント11選!ブランドは何を選ぶ?海外・日本のブランドをご紹介

予算5万円で贈る女性へのプレゼント11選!ブランドは何を選ぶ?海外・日本のブランドをご紹介

5万円という予算をかけて女性へプレゼントを贈る時には、相手の好みにあわせた上質な商品を選びたいと思うもの。ただ価格が高ければいいというわけではないため、商品を選ぶのに迷ってしまうこともあるでしょう。ここでは、定番の海外ハイブランドの人気商品や、メイドインジャパンの上質さにこだわったブランド商品をご紹介します。海外ハイブランド・日本ブランド、どちらもそれぞれに魅力を持っていますが、プレゼントを贈る女性の好みにより合うものを選べば、きっと記憶に残る特別なギフトになりますよ。


[2024年版]50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメ12選|美容液やクリームなど喜ばれる品を厳選紹介

[2024年版]50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメ12選|美容液やクリームなど喜ばれる品を厳選紹介

50代の女性に贈るプレゼントにおすすめのコスメを12選ご紹介します。コスメはすでに気に入っているブランドやアイテムがある場合が多く、選ぶ際に悩む人も多いでしょう。本記事では、プレゼントしやすいクリームや口紅などを中心に50代女性にマッチするアイテムを厳選しました。50代の女性に贈るコスメの選び方についてもお伝えするので参考にしてくださいね。


発行元:株式会社西日本新聞社 ※西日本新聞社の企業情報はこちら