本サイトはプロモーションが含まれています。

九州・山口 Monthly topics 今月の気になる話題 5/19~

九州・山口 Monthly topics 今月の気になる話題 5/19~


福岡

花情報:筥崎宮「あじさい苑」

6月1日(木)~ 30日(金)

※期間中は毎日開苑 9:30 ~ 17:00
※最終入場16:30

入苑料:300 円(保護者同伴の場合、中学生以下は無料)

筥崎宮本殿の西奥にある「あじさい苑」では御社殿を借景に約100品種、約3,500株のあじさいが楽しめます。色とりどりの美しい花景色は訪れた多くの参拝者の心をなごませています。

[問]筥崎宮社務所 ☎092-641-7431

第23回弥生の里音楽祭特別企画 木嶋真優ヴァイオリン・リサイタル

7月23日(日)
開場14:15/開演15:00 一般3,500円※未就学児入場不可

数々の音楽賞を受賞するなど華々しいキャリアを持ち、メディアでも人気のヴァイオリニスト木嶋真優のリサイタルを開催。世界が認める一流の弦の響きをぜひご堪能ください。

春日市大谷6-24

©KINYA OTA (MILD)

[問]春日市ふれあい文化センター ☎092-584-3366

長崎

ほたるのふるさと相河川

5月27日(土)~6月11日(日)

新上五島町のほぼ中央部を流れる相河川は、古くからホタルの鑑賞ができる場所として人気のスポットです。日没後、水辺からゆっくりと飛翔し発光しながら夕闇を舞う姿は、幻想的であり妖艶でもあります。清流・相河川沿いでゲンジボタルとヒメボタル、2種のきらめきを堪能できます。

[問]四季を味わう上五島実行委員会事務局 ☎0959-42-0964

©KAMIGOTO

ほたるのふるさと相河川

https://www.nagasaki-tabinet.com/islands/events/100055

「ほたるのふるさと相河川」の情報は「長崎しま旅行こう」で。令和5年度の開催は、5月27日(土)〜6月11日(日)です。 夏の訪れを告げるほたるの季節。 日没後、水辺からゆっくりと飛翔し発光しながら 夕闇を舞う姿は、幻想的で妖艶です。 期間中、イベント等は実施しませんが 相河川のほたる鑑賞をお楽しみいただけるよう 観賞場所付近を整備し、駐車場を開放いたします。 ゆっくりと発光する「ゲンジボタル」、 テンポよく断続的に発光する「ヒメボタル」の 2種のほたるの煌めきをお楽しみください。 もっとホタルについて知る ▶昆虫博士に学ぶホタルシリーズ 飛翔状況を更新中!▶ウェザーニュース 昆虫博士 大庭先生の講演が開催されます ▶文化講演  

大分

アサギマダラ休息地

5月上旬~6月上旬

アサギマダラは渡りをする優雅な蝶で、5月上旬から6月上旬頃、姫島に自生するスナビキソウを求めて、南の地から渡来し、休息したのち、涼しい北の地に向かって飛び立ちます。春の休息地“みつけ海岸”は、最大で約1,000頭を超える神秘的な現象が体験できる場所です。

東国東郡姫島村 みつけ海岸

[問]おおいた姫島ジオパーク推進協議会事務局 ☎0978-87-2266

鹿児島

花情報:東雲(しののめ)の里 あじさいまつり

見頃:6月上旬~下旬

開園時間:9:30~16:30※入園は16:00まで
入場料:500円(小学生以下無料)、障がい者250円(入場料はあじさいまつり・紅葉まつりの時期のみ、その他の期は無料)

約40,000坪の広大な土地に四季折々の花が咲き誇る東雲の里。自然の地形を活かした遊歩道や展望台がある西日本最大級のあじさい園です。

出水市上大川内2881

[問]東雲の里 ☎0996-68-2133

第90回「山川みなと祭り」

花火大会20:00~、本祭8:00~16:00
花火大会6月3日(土)、本祭6月4日(日)

航海安全と大漁を祈願する祭り。花火大会にはじまり、船団パレードや舞台演芸、活魚のつかみ取りなど港町ならではのイベントが盛りだくさん。

山川漁港水揚場およびその周辺

[問]菜の花商工会 ☎0993-34-1141

佐賀

花情報:大興善寺のアジサイ

関連する投稿



九州・山口 Monthly topics 今月の気になる話題 1/19~

九州・山口 Monthly topics 今月の気になる話題 1/19~

※記載の住所は開催地となります。掲載しているイベントなどは新型コロナウィルス感染症の状況により延期または中止される場合があります



九州・山口 Monthly topics 今月の気になる話題 11/20~

九州・山口 Monthly topics 今月の気になる話題 11/20~

※記載の住所は開催地となります。掲載しているイベントなどは新型コロナウィルス感染症の状況により延期または中止される場合があります



発行元:株式会社西日本新聞社 ※西日本新聞社の企業情報はこちら