本サイトはプロモーションが含まれています。

ぐらんざ白書 vol38 今月のテーマ 「値上げ」事情

ぐらんざ白書 vol38 今月のテーマ 「値上げ」事情

『ぐらんざ』2022年8月号アンケートより ※回答の合計が100%を超えるものは、「複数回答可」の設問


気になるけど、なかなか聞けない福岡県内のぐらんざ世代のアレコレ。
今回は「値上げ」に注目してみました。

Q1 値上げについてどう思いますか?

半数以上の方が値上げを「仕方がない」と受け入れているようです。コメントには「必要だけど、同時に賃上げも合わせてじゃないと」という声や、「値上げがいずれ働く人のお給料につながればいいです」「絶対に必要。世界的気候の変動や戦争により物価や流通のコストがかかるため」「本当にコストアップなのか便乗値上げなのかがわからないのでどちらとも言えない」という声も寄せられました。

Q2 日々の生活の中で「値上げ」を感じることはありますか?

ある 98.4%

具体的にどんなものに値上げを感じましたか?

① 食品 29.7%
② 日用品 17.3%
③ ガソリン代 20.7%
④ 家電 3.1%
⑤ 住居関連 1.4%
⑥ 外食 11.2%
⑦ 美容関連 1.6%
⑧ 光熱費 13.3%
⑨ 趣味・習い事関連 1.1%
⑩ その他 0.6%

ほとんどの人が値上げを実感しています。特に小麦粉や調味料など続々と値上げを発表されている食品に感じている人が多いようです。次いであげられたのがガソリン代。値上げ幅だけでなく、どちらも日常生活に欠かせないものだからこそ影響が大きいジャンルです。

Q3 値上げについて何か対策をしていますか? もしくはこれから行いますか?

「本当に必要なものしか購入しない」という回答が最も多い結果となりました。余裕のない生活になると思いがちですが、考え方を変えると食材を余計に買ってしまったり、お菓子を買ってしまったり…、値上げはそんな生活を見直すいい機会になるかもしれません。一方で、「物を売る」や「投資をする」などお金を増やす方の行動を行っている人はまだ少数派のようです。

Q4 どんな節約をしていますか?

●不要なものは買わない。ダイエットと称して甘いものは買わない。
●車は使わず極力自転車か徒歩で移動。マイボトルに麦茶を持っていきます。
●野菜を産直市場で購入しています。安くておいしいですよ。
●家にいるときは家族は同じ部屋で過ごして電気代節約。時間差無しで風呂に入ります。
●ポイント倍数が高い日などに買い物にいきます。ポイントで購入するときもあります。
●家庭菜園で野菜を育て、味噌、漬物、梅の加工品などを手作りしています。

関連するキーワード


ぐらんざ白書

最新の投稿


お中元に贈りたいジュースおすすめ9選!おいしくてヘルシーなギフト

お中元に贈りたいジュースおすすめ9選!おいしくてヘルシーなギフト

お中元に贈るギフトで根強い人気のジュースの詰め合わせ。今回は普段買えないような、ちょっと高級でおいしいジュースをいろいろご紹介します。贈ってもうれしい、もらってもうれしいジュースは幅広い年代の方に喜んでもらえるので、お中元に何を贈るか迷ったらぜひ読んでみてくださいね。


2024年版【4歳】誕生日に贈りたいプレゼントおすすめ10選|おもちゃ以外のアイテムを紹介!

2024年版【4歳】誕生日に贈りたいプレゼントおすすめ10選|おもちゃ以外のアイテムを紹介!

[2024年版]4歳の誕生日に贈りたいプレゼント。元気で健康に育ってくれているお祝いに、おもちゃ以外で喜んでもらえる素敵な贈り物を見つけませんか。たくさんのアイテムがあって何を贈ればいいか迷ってしまいますが今回は誕生日がより華やかになるプレゼントのおすすめをご紹介します。楽しい体験や思い出が残るプレゼントもありますよ。おじいちゃんやおばあちゃんも一緒にお孫さんや親戚の子の4歳の特別な日のお祝いをしましょう。


【1歳】女の子に贈りたい誕生日プレゼントおすすめ11選。ファッションからおもちゃまで!

【1歳】女の子に贈りたい誕生日プレゼントおすすめ11選。ファッションからおもちゃまで!

1歳の誕生日のお祝いに特別なプレゼントを贈りませんか。今回は1歳の女の子におすすめの誕生日プレゼントをご紹介します。好奇心旺盛で指先もさらに器用になってパパやママのお財布を開けたり、扉を開けて物を出したりと活発に動き回るようになっていく赤ちゃん。そんなバースデーガールにぴったりなおしゃれなベビー服やバッグ、おもちゃなど幅広く取りそろえてみました。これからの成長を願って記念に残るプレゼントをぜひ、見つけてくださいね。


ぐらんざ2024年8月号プレゼント

ぐらんざ2024年8月号プレゼント

応募締め切り:2024年8月14日(水)



発行元:株式会社西日本新聞社 ※西日本新聞社の企業情報はこちら