本サイトはプロモーションが含まれています。

【オーエン×ぐらんざ】セカンドライフの話をしよう

【オーエン×ぐらんざ】セカンドライフの話をしよう

あなたの資産形成を応援するマネー情報コーナー。豊かな老後のため「資産づくりを始めたい」。オーエンは、そう考える方を応援する新しいスタイルのマネー情報コーナーです。


充実したセカンドライフを送るために欠かせない3つのキーワードとは…

イラスト まき りえこ

 2023年度が始まりました。今月は定年を迎えた、ぐらんざ世代にスポットを当てます。会社勤めを終え、悠々自適の生活を送る人もいれば、定年後も再雇用で働き続ける人もいます。一口に「60歳」、「65歳」と言っても「人生100年時代」から見れば、まだ先は長いですよね。ぐらんざ読者の皆さんが充実したセカンドライフを送るために欠かせない3つのキーワードについて考えました。

セカンドライフは長い

※ある年齢に達したものが、その後生存すると期待されている年数

出典=福岡銀行「セカンドライフにおけるリスクと備え」、 厚生労働省「2018年簡易生命表」


 今月号の主人公は、定年満作さん(65)。財成高利の会社の大先輩になります。満作さんは大学を卒業後、福岡市内の会社に就職。60歳の定年を迎えた後も再雇用で働き続けましたが、この春、65歳を機に退くことになりました。そこで、満作さんは、長年支えてくれた妻に感謝の気持ちを込めて、一緒に北海道旅行に行くことにしました。しかし・・・

定年 満作(ていねん まんさく)(65歳)
財成高利の会社の
大先輩

先輩、どうしたんですか?

3日前、スポーツジムでアキレス腱を切ったんだ。無理したかな~。

北海道旅行は?

もちろん中止だよ。直前だったから、キャンセル料も相当かかったし、女房をがっかりさせてしまった。

早く治して、奥さんを喜ばせてください。

ありがとう。

最も必要かつ大事なものは「健康」です

白浜 仁子FP

 満作さん、お気の毒でした。セカンドライフを楽しむために必要なのは第一に「健康」です。
 定年を迎えた人は、現役時代に比べるとお金や時間に余裕がある人が多いと思います。しかし、いくらお金と時間があっても、健康でなければ、第二の人生を存分に楽しむことはできません。「健康寿命」を延ばす努力が必要です。健康寿命とは介護を受けたり、寝たきりになったりせず、支障なく日常生活を送られる期間をいいます。
 右のイラストのように、平均寿命と健康寿命の差が日常生活に制限がある期間です。ウオーキングや水泳といった適度な有酸素運動にバランスの取れた食事を心がけましょう。60代以上の方は30~40代の現役世代とは違います。運動はくれぐれも無理のない範囲で、マイペースを心がけてください。

平均寿命と健康寿命(2019年)

出典=厚生労働省 健康情報サイト


発行元:株式会社西日本新聞社 ※西日本新聞社の企業情報はこちら