特集 気持ち華やぐ テーブル コーディネート

特集 気持ち華やぐ テーブル コーディネート

見慣れた我が家もテーブルを飾るだけで華やかに。思わず気持ちが明るくなる、テーブルコーディネートのコツをお伝えします。


今だからこそ自宅を彩る大切さ

 自宅で過ごす時間が多くなった今年の冬。限られた大切な人を招くとき、また家族だけで過ごすとき、自宅がこれまで以上に大切な空間になっています。

 そこでおすすめしたいのが、テーブルコーディネートをすること。少し手間をかけてテーブルを彩るだけで、いつもの見慣れたダイニングが特別な空間に変身します。華やかに彩られたテーブルは、見る人の心をときめかせ、ゲストへのおもてなしの一つに。思うように外出が出来ず気持ちが晴れない今だからこそ、同居する家族にとっても非日常のコーディネートは気持ちを明るくともすことに役立ちます。

食事のおいしさ感じさせるビジュアルの大切さ

 テーブルコーディネートは、ただ美しいだけではありません。その実力を発揮するのは、食事やお茶の時間。食べ物や飲み物のおいしさを人が認識するとき、味や食感で判断できるのはごくわずか。おいしさを判断する最も大きな要素は視覚であり、ビジュアルによっておいしいかどうかの判断がほとんど決まるそうです。日本料理やフレンチで盛り付けが重要視されていることからも、その点は納得できるのではないでしょうか。簡単な料理やスーパーで買ってきた総菜でも、コーディネートされたテーブルで提供すれば、まるで一流店で食事をしているかのような満足感を味わえることも。こんなご時世だからこそ、周囲の人を幸せにするテーブルコーディネートが求められています。

実践重ねてつかむコーディネートのコツ

 テーブルコーディネートには「難しそう」「お金がかかりそう」という印象がありますが、工夫次第で自宅にある物や、ホームセンター、百円ショップの商品でも十分に飾ることができます。はじめはコツがわからなくても、大丈夫。試行錯誤して繰り返していくうちに、小物の置き方や色のバランスをつかんでいきます。

おさえておきたいテーブルコーディネートのPoint

テーブルコーディネートのポイントを6つ紹介。
ポイントをおさえれば思ったよりも簡単にコーディネートを楽しむことができますよ。

Point1 高さがあるものは中央に置かない

華やかさを求めると、背の高い花瓶など高さがあるものを配置しがち。ですが、目線よりも高いものがテーブル中央にあると、周りの人の顔を見るのに邪魔になり会話もしにくくなります。芸術性ではなく、家庭でのテーブルコーディネートでは「日常を彩るもの」ということを意識しましょう。

Point2 使う色は4色ぐらいまで

さまざまな色を使うと、バランスをとるのが難しくうるさく感じることも。4色ぐらいまでを目安に色を選びましょう。
子ども向けのポップなイメージにしたいときは、たくさん使っても大丈夫です。

Point3 季節感がある景色や写真をヒントに

四季がある日本では、季節感のある要素を入れるとセンスアップ。どんな風に取り入れたら分からないという場合は、季節を感じさせる景色や写真、文化をヒントにして。例えば、夏なら海をイメージした青や砂浜の白を入れたり、秋は紅葉をイメージした濃いオレンジや紅葉柄をポイントで入れてみたり…。自分が感じる季節の風景を思い描いてみましょう。

Point4 テーブルクロスを敷く

テーブル全体を覆うテーブルクロスを敷くと、その色が占める割合が多くなりイメージが一気に変わります。白やアイボリーのクロスは他の色とも合わせやすいので、1枚持っておくと重宝します。また、化繊のものは汚れも落ちやすく、綿よりもシワがつきにくく扱いやすいのでおすすめです。

Point5 ランチョンマットを使う

ランチョンマットは色や形がアクセントになるので、置くだけでおしゃれな印象に。初めは、テーブルクロス+ランチョンマット+花だけのコーディネートでもOK。食べこぼしなど汚れが心配という人は、塩化ビニルのものを選んで。食べ物が落ちてもサッと拭くだけできれいになります。

Point6 香りの強い物は置かない

大ぶりのカサブランカや鮮やかなバラの花などを飾りたくなりますが、テーブルの主役はあくまで料理。香りが強い花や物は、料理の匂いを邪魔しておいしさを半減させてしまいます。どうしても飾りたい場合は、テーブルから離れたリビングや玄関に。

まねしたくなる、冬のコーディネート

「デンマークの冬のヒュッゲ(家で自分を癒やす時間)」を表現したテーブルコーディネート。木工家具の名産地としても知られるデンマークをイメージし、ベースは木肌の色=ベージュのテーブルクロスをチョイス。また、夜が長いデンマークの冬を表した黒と、デンマークの国旗の色である赤と白をポイントに。

①中央の花瓶を受けている黒い木のトレイは、さりげないけれど大切なアクセントアイテム。これは百円ショップで購入したもの。

②造花の木の実。造花をいくつか用意していると、急な来客でも対応できます。最近の造花は精巧に出来ているので、そろえておきたいコーディネートアイテムです。

最新の投稿


お中元に贈りたいおいしいゼリーおすすめ10選【フルーツゼリー&コーヒーゼリー&和ゼリー】

お中元に贈りたいおいしいゼリーおすすめ10選【フルーツゼリー&コーヒーゼリー&和ゼリー】

夏のお中元の定番といえばゼリーですが、おいしくて見た目も美しくおしゃれなゼリーを探している方に、とっておきのゼリーの贈り物をご提案! もらった人を思わず笑顔にするお中元のゼリーのおすすめをご紹介します。フルーツゼリーのほかにコーヒーゼリー、和菓子好きな人に贈るなら和のゼリーと3つに分けてご紹介します。ぜひ、最後まで読んでお中元選びの参考にしてくださいね。


お中元にもらってうれしいカタログギフト10選。3000円〜10000円まで予算別でご紹介!

お中元にもらってうれしいカタログギフト10選。3000円〜10000円まで予算別でご紹介!

何を贈ったら喜んでくれるか悩むのがお中元やお歳暮ですよね。贈る側ももらう側も困った!と思う品物より、好きな物をカタログで選べるギフトは定番になりつつあるんですよ。カタログギフトを贈るのは失礼では?と思う方もいますが、好きな時に好きなものが選べるので実はうれしい贈り物。今回はお中元にぴったりのおすすめのカタログギフトを予算別でご紹介します。食べ物やインテリア雑貨、ファッションなど豊富なカタログの中からこれは!と思うギフトを見つけてくださいね。


就職祝いに絶対に喜ばれるプレゼントアイテム16選!男性&女性それぞれもらってうれしいギフト

就職祝いに絶対に喜ばれるプレゼントアイテム16選!男性&女性それぞれもらってうれしいギフト

就職祝いにおすすめのプレゼントを男性・女性向けに分けてご紹介します!ビジネスシーンで役立つものや、社会人らしい品のあるアイテム、またお祝いムードいっぱいの商品など幅広く網羅しました。男性・女性それぞれ喜ばれるアイテムの特徴をつかんで、大切なあの人にぴったりのアイテムを贈りましょう。


おめでとう&幸せになってね!の気持ちが伝わる再婚祝いギフトおすすめ13選

おめでとう&幸せになってね!の気持ちが伝わる再婚祝いギフトおすすめ13選

結婚は何度目でもおめでたいライフイベントです。再婚だからとお祝いを辞退したり、結婚式を挙げなかったりと控えめなカップルも多いですが、人生の大切な節目に変わりありません。大切な人の再婚は、お祝いギフトで祝福の気持ちをしっかり伝えてあげましょう!相手に気を遣わせない気の利いたギフトや、もらって嬉しいちょっとリッチな生活日用品などがおすすめですよ。


お中元に贈りたいおしゃれでセンスのあるおすすめ10選。スイーツからインテリア雑貨まで!

お中元に贈りたいおしゃれでセンスのあるおすすめ10選。スイーツからインテリア雑貨まで!

お中元は夏の暑い時期に大切な方へ感謝の気持ちを込めて贈るギフトです。どんなものにしようか悩んでしまう方に今回はおしゃれでセンスのいいおすすめのお中元ギフトをご紹介します。目で見て楽しめて、食べてもおいしいスイーツや食べ物、実用的に使える雑貨など幅広く取り揃えてみました。涼しくなる素敵なお中元のギフトを見つけてくださいね。