本サイトはプロモーションが含まれています。

【レガシーピアノ保存プロジェクト】著名人のサインが残るピアノを未来に残そう!

【レガシーピアノ保存プロジェクト】著名人のサインが残るピアノを未来に残そう!

38人の著名なピアニストたちの直筆サインが記された貴重なピアノの修復、音楽文化遺産として次世代に保存・活用するためのクラウドファンディングが始まりました。


<右上:エミール・ギレリス氏のサイン 1972年>
<下:ヴィルヘルム・ケンプ氏のサイン 1967年11月20日>

福岡市民会館で1963年の開館時から1981年頃まで使用されたハンブルグ・スタインウェイ社製のピアノが福岡市に眠っています。
そのピアノには、ピアニストのケンプ、アラウ、ルービンシュタイン、エッシェンバッハなど福岡を訪れ演奏した世界的なピアニストや歌手など38人の直筆サインが記されています。


1つのピアノにこんなにも多くの音楽家のサインをみることは珍しく、福岡の音楽史を振り返る意味でも貴重な音楽遺産、レガシーと言える存在です。ピアノは福岡サンパレスに移され、保管されていますが、現在は劣化や破損のため使用ができない状態となっています。

このレガシーピアノを再び、市民の前で演奏ができる姿に戻したい。そんな思いで、「レガシーピアノ保存プロジェクト」は始まりました。

修復と活用に必要な総事業費は約1800万円。そのうちの1000万円を目標としてクラウドファンディングで寄付を募っています。寄付金は3000円から。

皆さんの手で、福岡の音楽文化を支えてきたレガシーピアノを復活させませんか。

【クラウドファンディング詳細】
・募集期間:~2022年10月31日(月)
・目標金額:1000万円
・コース:3000円のソナチネコースから全力応援コースまで
・リターン:2023年10月に開催予定のピアノ修復完成お披露目コンサートへ招待、ピアノ1日フリー演奏権利(調律付き)など
・プロジェクトページ:
https://greenfunding.jp/linkstart/projects/6295
寄付は上記プロジェクトページから行ってください。

レガシーピアノ保存プロジェクト実行委員会事務局(西日本新聞イベントサービス内)
TEL.092-711-5491 FAX.092-731-5210
E-mail: legacy-piano@nishinippon-event.co.jp

最新の投稿


ぐらんざ2024年8月号プレゼント

ぐらんざ2024年8月号プレゼント

応募締め切り:2024年8月14日(水)



【オーエン×ぐらんざ】知っておきたい相続の手続き 4月から相続登記の申請が義務化 3年以内に行わないと過料

【オーエン×ぐらんざ】知っておきたい相続の手続き 4月から相続登記の申請が義務化 3年以内に行わないと過料

あなたの資産形成を応援するマネー情報コーナー。豊かな老後のため「資産づくりを始めたい」。オーエンは、そう考える方を応援する新しいスタイルのマネー情報コーナーです。




発行元:株式会社西日本新聞社 ※西日本新聞社の企業情報はこちら