本サイトはプロモーションが含まれています。

【映画】『ディア・エヴァン・ハンセン』

【映画】『ディア・エヴァン・ハンセン』


思いやりでついた嘘、その嘘をつきとおせるか

Ⓒ2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

『ディア・エヴァン・ハンセン』
監督/スティーヴン・チョボスキー
出演/ベン・プラット、ケイトリン・デヴァー、ジュリアン・ムーア、エイミー・アダムス
配給/東宝東和
◎11月26日(金)よりユナイテッド・シネマ キャナルシティ13、T・ジョイ博多、
 ユナイテッド・シネマ 福岡ももち 他にて公開

 そんなつもりではないのに周りが誤解し、本当のことが言えなくなったことはありませんか。早目に誤解を解かなくてはと思いつつも、自分のことを過大評価され、ついつい居心地がよくなり、状況に甘んじてしまう。そうすると、嘘と発覚した時のバッシングはすさまじいものがあります。

 今回の作品は、ブロードウエイで大人気を博し、その感動ミュージカルを映画化されたものです。

 主人公エヴァン・ハンセン(ベン・プラット)はちょっとシャイで、真の友達がいない高校生。看護師の母ハイディ・ハンセン(ジュリアン・ムーア)と二人暮らし。一人でいることが多く、孤独感を味わいながら高校生活を送っています。ある日、エヴァンはセラピストから、自分宛の手紙を書くように言われました。書き出しは「親愛なるエヴァン・ハンセンへ」、結びは「君の親友、僕より」。本文には心寄せる女生徒ゾーイへの想いを含ませるものをしたためました。その手紙を何とゾーイの兄コナーに取り上げられ、後日コナーが自ら命を絶ったことを知らされます。悲しみに暮れるコナーの両親はコナーが持っていた手紙を見つけ、息子とエヴァンを親友だったと思いこむ。“ありもしないコナーとの思い出”は両親に留まらず、SNSを通じて世界中に広がっていく…。嘘が分かるのはいつ? 観客は、どんな結末が待っているのかハラハラ、ドキドキの展開でした。


佐久間みな子
KBCアナウンサーからKBCシネマにも携わり、現在はフリーアナウンサーへ。会話塾の講師を務める他、コミュニティラジオ天神のパーソナリティとして活躍中。

関連するキーワード


今月のシネマ

関連する投稿


今月のシネマ

今月のシネマ


今月のシネマ

今月のシネマ


今月のシネマ

今月のシネマ


今月のシネマ

今月のシネマ


今月のシネマ

今月のシネマ


最新の投稿


「ぐらんざ7月号」記事内容の誤りに関するお詫びと訂正

「ぐらんざ7月号」記事内容の誤りに関するお詫びと訂正

「ぐらんざ7月号」の17ページに掲載しているコラム「岡ちゃんの気まぐれ散歩術」の内容に誤りがありました。 コラム内で朝倉郡筑前町立大刀洗平和祈念館に展示されている「局地戦闘機『震電』の実物大レプリカ」をご紹介しておりますが、文章中に「まもなく展示が終了する」という誤った記載がありました。「震電」は常設で、現在のところ展示終了の予定はありません。 読者の皆様および関係者の皆様には大変ご迷惑をお掛けしました。お詫びして訂正いたします。


[2024年版]50代の女性に贈るおすすめの日焼け止め・化粧下地10選|メイクに使えるプチプラ・デパコスアイテムを厳選紹介

[2024年版]50代の女性に贈るおすすめの日焼け止め・化粧下地10選|メイクに使えるプチプラ・デパコスアイテムを厳選紹介

50代の女性にギフトとして化粧品を贈る際は、日焼け止めや化粧下地がおすすめです。一般的に化粧品は女性の好みが強く反映されるアイテムのため、好みを知らないままプレゼントするのは難しいもの。日焼け止めや化粧下地であれば、上に使うコスメで自分好みのメイクに仕上げられるので、プレゼントしやすいですよ。50代の女性に贈る日焼け止めと化粧下地をそれぞれ5商品ずつご紹介するので参考にしてくださいね。


ぐらんざ2024年7月号プレゼント

ぐらんざ2024年7月号プレゼント

応募締め切り:2024年7月12日(金)



今月のシネマ

今月のシネマ


発行元:株式会社西日本新聞社 ※西日本新聞社の企業情報はこちら