特集 いま、元気をくれるもの

特集 いま、元気をくれるもの


手放しで安全とは言えないことへの不安、慣れない生活スタイルへの戸惑い。

そんな“いま”だからこそ、今回の特集では皆さんに元気をお届けしたい。

このページでは、ぐらんざ執筆陣・スタッフが自粛期間中に元気をもらったもの(①)、読者への方への応援メッセージ(②)をご紹介します。

長谷川法世 『はかた宣言』執筆

①散歩コースの動植物にあうのが嬉しくって。教会のザクロの老木。2ミリほどの小枝についたアブラムシにアリ、バラの花やエンジェルトランペットなど。博多川沿いの桜の小さなサクランボ。のんびり野良猫たち。いつも一羽のムクドリ。ハト。今どきのコスモス。那珂川河口で跳ねるボラ(スズキ?)。マガモ。カワウ。アオサギ。
 ザクロの老木は45度に傾いてワイヤーで吊られ、冬は枝打ちして丸裸。でも春にはちゃんと小枝がでてきて。それがアブラムシでまっ黒に。そしてアリたち。それも雨の間にいなくなって安心。アブラムシの二世代目は羽根があって、いろんな花に飛んでいけるそうな。この教会の付属幼稚園に70年前通ったんだ。ムクドリは一羽、雌が抱卵中かな。マガモはつがいだったのが、雌はいま9羽の若鳥を連れてぷかぷか。カワウの水浴びはしつっこいくらい。アオサギったら頭の上を滑空して、目の前でUターン。自己顕示欲?こんど名前つけようかなあ。

②いのちあふれる散歩道をつくりませんか。ほかの命を愉しむことは自分の命を改めて感じることなんですね。

中洲次郎 本名:矢野寛治 『ハットをかざして』執筆

①コロナにて閉門中につき、本誌に連載した『ハットをかざして』を纏めてみようと思った。10年分120本を読み直し80本に圧縮、題は『団塊ボーイの東京』とした。団塊の世代とは何だったのか、そのことに没頭した三か月だった。題字は孫娘(矢野り々子、13歳)が描いてくれた。自分の恥多き青春を見つめ直す蟄居の時だった。

②健康こそが勝利。コロナなんかに負けないで、彼岸に渡るその日まで、一生懸命やりましょう。

馬場周一郎 「世は万華鏡」執筆者

①巣ごもり中に敢行した「断捨離」で押入れからひょっこり出てきた七福神の寿老人(じゅろうじん)。知人から頂きながら長年、放置していた。ご利益は「諸病平癒」とか。早速、その日から朝夕撫で回している。

②梅雨はうっとうしいが、だからこそ紫陽花が美しい。病いは避けられないが、だからこそ健康のありがたさを知る。この世は喜怒哀楽が交差屈折する多面体。嫌だったことが喜びをもたらすこともある。歩き出そう。

繁竹治顕 『博物館・美術館』コーナー執筆

最近話題のキーワード

ぐらんざで話題のキーワード


プレゼント ぐらんざ人