本サイトはプロモーションが含まれています。

【映画】『私はいったい、何と闘っているのか』

【映画】『私はいったい、何と闘っているのか』


これでいいのか!自分の脳内に語り掛けたくなる気分になる

Ⓒ2021 つぶやきシロー・ホリプロ・小学館/闘う製作委員会

『私はいったい、何と闘っているのか』
監督/李闘士男
出演者/安田 顕、小池 栄子、岡田 結実、ファーストサマーウイカ 他
配給/日活 東京テアトル
◎12月17日(金)よりT・ジョイ博多、シネプレックス小倉、T・ジョイ久留米、
ユナイテッド・シネマなかま16、ユナイテッド・シネマトリアス久山にてにて公開

 一見平凡に見える家庭でも家族間あるいは仕事上の葛藤等、人それぞれにストレスは当然あります。最近はコロナ禍にあって、先々の不安もあります。

 そんな時“笑う”ことは大切なファクターではないでしょうか。家族、会社内でも仏頂面よりは笑顔の方が、周りを幸せにします。

 今回の映画の原作はあの栃木訛(なま)りで一世を風靡した、つぶやきシローさん。

 伊澤春男(安田顕)45歳、地元のスーパー“ウメヤ”の万年主任。家族は妻律子(小池栄子)、子どもは1男2女の計5人家族。しっかり者の律子に家は任せ、職場では、熱血漢の後輩、ちょっとクールな高井さん(ファーストサマーウイカ)、店長(伊集院光)たちと何とかやっています。息抜きに帰りに寄るところは、居心地のいい今はやりのサードプレイスとも言える食堂「おかわり」。店主はおばあちゃん(白川和子)。ある日、とんでもない出来事が起こり、春男の人生が大きく変わります。それが吉とでるか凶とでるか。外から見ていると、闘いとは縁遠いように見える春男、しかし“脳内はいつだって戦場”。そこには妙に笑いがあるんです。

 くせのある役者さんたちが、それぞれの味をたっぷりだし、李闘士監督の指揮棒が的確に、更に魅力を引き出した作品だと思いました。

●1月号をもって連載終了となります。ご愛読、誠にありがとうございました。


佐久間みな子
KBCアナウンサーからKBCシネマにも携わり、現在はフリーアナウンサーへ。会話塾の講師を務める他、コミュニティラジオ天神のパーソナリティとして活躍中。

関連するキーワード


今月のシネマ

関連する投稿


今月のシネマ

今月のシネマ


今月のシネマ

今月のシネマ


今月のシネマ

今月のシネマ


今月のシネマ

今月のシネマ


今月のシネマ

今月のシネマ


最新の投稿


「ぐらんざ7月号」記事内容の誤りに関するお詫びと訂正

「ぐらんざ7月号」記事内容の誤りに関するお詫びと訂正

「ぐらんざ7月号」の17ページに掲載しているコラム「岡ちゃんの気まぐれ散歩術」の内容に誤りがありました。 コラム内で朝倉郡筑前町立大刀洗平和祈念館に展示されている「局地戦闘機『震電』の実物大レプリカ」をご紹介しておりますが、文章中に「まもなく展示が終了する」という誤った記載がありました。「震電」は常設で、現在のところ展示終了の予定はありません。 読者の皆様および関係者の皆様には大変ご迷惑をお掛けしました。お詫びして訂正いたします。


[2024年版]50代の女性に贈るおすすめの日焼け止め・化粧下地10選|メイクに使えるプチプラ・デパコスアイテムを厳選紹介

[2024年版]50代の女性に贈るおすすめの日焼け止め・化粧下地10選|メイクに使えるプチプラ・デパコスアイテムを厳選紹介

50代の女性にギフトとして化粧品を贈る際は、日焼け止めや化粧下地がおすすめです。一般的に化粧品は女性の好みが強く反映されるアイテムのため、好みを知らないままプレゼントするのは難しいもの。日焼け止めや化粧下地であれば、上に使うコスメで自分好みのメイクに仕上げられるので、プレゼントしやすいですよ。50代の女性に贈る日焼け止めと化粧下地をそれぞれ5商品ずつご紹介するので参考にしてくださいね。


ぐらんざ2024年7月号プレゼント

ぐらんざ2024年7月号プレゼント

応募締め切り:2024年7月12日(金)



今月のシネマ

今月のシネマ


発行元:株式会社西日本新聞社 ※西日本新聞社の企業情報はこちら